FC2ブログ

日向山

明野のひまわりに朝のご挨拶をした後は、
いよいよ、山に向かって出発!

いきなり向日葵の向こうに見える南アルプスでは畏れ多いので、
一日目は、かねてから登ってみたかった日向山で足慣らしをすることに。

R20号沿いにある道の駅・白州の手前を左折して、
日向山ハイキングコースの入り口・矢立石までは車で行けます。
Pスペースは10台程度ですから、
土日は早い時間で一杯になるかもしれません。

先月の三つ峠で完膚無きまでに膝を痛め、
もう山歩きはできないかも・・・と、弱気になっていた私です。
どんな低い山でも、最終的には本人の足が唯一の歩行手段。
山男(主人)と一緒でも、それはいつも覚悟して、
痛くなっても自力で下山しなければと思っていますから、
このハイキングという言葉に、どこか救われる思いでした。


日向山ハイキングコース、 スタート!


ツキノワグマに出会わないことを祈りつつ7時10分登山開始!


快調なスタート


とても良く整備された登山道は、歩きやすく、
標高は既に1000メートルを越えているので、
木立の中は思ったほど暑くありません。
木々のすき間から鳳凰三山が見え隠れするとありましたが、
夏場は緑が多く、わかりませんでした。


コース途中の標識


途中、こういう標識があり、
あとどの位で頂上なのかがわかって励みになります。


雨量計


9合目あたりに雨量計があり、これを過ぎるともうすぐ頂上です。


間もなく山頂


さり気なく三角点をすぎ、木立が途切れる先がひらけて見えます。
あとちょっと・・・


日向山 山頂に到着


おおおお!
いきなり目の前がひらけ飛び込んできた景色。
ここが雁ヶ原(がんがわら)と言われる日向山の頂上です。
8時45分。


雁ヶ原(がんがわら)


標高は1660M、お決まりの記念撮影。


日向山 1660M


風化した花崗岩が、オブジェのように林立する景色は、
ネットで見ていましたが、実際目の前にすると、
想像以上に感動します。


風化した花崗岩



沢に落ち込む急斜面は、一歩間違うと蟻地獄のように転げ落ちそうで、
あまり浮かれてはしゃぐと危険です。
主人の後を追って、おそるおそる先の方に進んでみました。


雁ヶ原(がんがわら)にて 3


恐くて岩にしがみついたところ・・・とほほほ(^^);


雁ヶ原(がんがわら)にて 2


ガスが湧きあがり見えなくなったりしますが、
しばらくするとまた視界が良くなったりで、見ていて飽きません。


雁ヶ原(がんがわら)にて



正面には雨乞岳、振り返れば・・・
翌日登る山も見えるはずでしたが、この日は雲の中。
右に目を転じたら、八ヶ岳とその山麓が一望!


雲の向こうには・・・


八ヶ岳山麓


景色をしばらく楽しんだら、お湯を沸かしてコーヒーをいれます。


コーヒータイム


木陰からこの絶景を目の前に飲むコーヒーは、
たとえインスタントでも美味しくて大満足。
山頂でこんなにのんびりしたのは初めてです。

結局、1時間以上景色を楽しんで、10時10分下山開始。
錦滝をまわるルートは、急斜面でハイキングコースとは言えないそうなので、
登ってきたルートを使って、駐車場のある矢立石に戻ります。
11時10分、無事に下山。
心配していた膝の痛みも、今回はほとんど無く、
日向山は、文字通り明るい兆しにみちた山歩きとなりました。
スポンサーサイト



テーマ : 山の写真
ジャンル : 写真

Comment

こんばんは(^^)

ここ、すごいところですね。
木立のなかを歩いて行った先にある風景とは思えません。
すべったら、ホントに蟻地獄にひきずりこまれそう。
それでも尾根伝いにいけるのかなあ。
まこべえは、今年の夏は足のケガで、どっこにも行けませんでした。
ホントは、河口湖のふじてんスノーリゾートにユリを見に行く予定だったのに、残念!

こんばんは~♪(^^)

ゆずのねさんの山行きブログのお写真はほんとうにいつも爽やか!
見ているだけで清々しい気分になります。(^^)
花崗岩・・・すごい!
自然は不思議ですね~。(^^)
見てみたいけど高所恐怖症の私はきっと足がすくんじゃいますね。(^^;

凄い所を歩かれたんですねえ~!!
本格的な登山ではないですか。

そして山頂でいただくあたたかい飲物!
絶景を目前にさぞかし美味しかったことでしょう。
重たいお水を持ってくださったご主人の優しさ入り
のとってても贅沢な珈琲ですね。



まこべえさんへ

まこべえさん、おはようございます。

> ここ、すごいところですね。
> 木立のなかを歩いて行った先にある風景とは思えません。
> すべったら、ホントに蟻地獄にひきずりこまれそう。
> それでも尾根伝いにいけるのかなあ。

標高はそれ程でもないし、
良く整備されているので、
標識に偽りなく「ハイキングコース」として、
家族連れにも気軽に楽しめる山のようです。
しかも、木立がきれてパ~ンと視界が開けた先に、
白砂の絶景があらわれるので感動と満足は、間違いない山です。
山頂は南北に広がっていますが、
切り立った斜面の先は沢に落ち込み、
尾根づたいに先端まで行くと、足が竦みます。

> まこべえは、今年の夏は足のケガで、どっこにも行けませんでした。
> ホントは、河口湖のふじてんスノーリゾートにユリを見に行く予定だったのに、残念!

その後、おケガの具合はいかがですか?
駅での転倒は、想像しただけでも痛そうです。
お仕事で外出するにも、何かとご不便だったでしょうね。
涼しくなって、切れた靱帯の痛みが和らいだら、
ゆっくり気分転換に、またお出かけできる時間がとれるといいですね。

ゆらりさんへ

ゆらりさん、おはようございます。

> ゆずのねさんの山行きブログのお写真はほんとうにいつも爽やか!
> 見ているだけで清々しい気分になります。(^^)
> 花崗岩・・・すごい!
> 自然は不思議ですね~。(^^)
> 見てみたいけど高所恐怖症の私はきっと足がすくんじゃいますね。(^^;

お天気にも恵まれたので、
白砂の絶景とそこからの眺めは、
夏山ならではの清々しさになりました。
いつも立ち寄る道の駅・白州から山へ入ったところにあるので、
いつか登ってみたいと思っていました。
ハイキングコースとうたっているだけに、
登りもそれ程険しくなく、よく整備され、
大山詣でより楽でした(^^)
山頂は南北に広がってて、意外と広いので、
先端に行かなければ、お弁当を食べたりしつつ、
この絶景を充分楽しめる山です。
ゆらりさんなら、楽勝でこの景色を味わえると思いますよ。

umeさんへ

umeさん、おはようございます。

> 凄い所を歩かれたんですねえ~!!
> 本格的な登山ではないですか。

いえいえ、まだ膝に不安があったので、
「ハイキング」という言葉にも、
下りでまた痛くなるのではと思いながらの山歩きでした。
でもでも、とても歩きやすく、
登りも下りも良い感じで、しかもこの絶景が味わえるから、
日向山には感謝です。

> そして山頂でいただくあたたかい飲物!
> 絶景を目前にさぞかし美味しかったことでしょう。
> 重たいお水を持ってくださったご主人の優しさ入り
> のとってても贅沢な珈琲ですね。

この山頂は、長居をしたくなる(^^)
ほんとうに良い山です。
お弁当にお茶、珈琲タイムにも最高です!
道の駅・白州で美味しい水を汲んでから入りました。
主人には楽勝すぎる登山でしたが、
この山頂からの景色には、いたく感動してました。
春や秋にも登ってみたい山です。
非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード