FC2ブログ

『西の魔女が死んだ』のロケ地を訪ねて・・・

明野のひまわり畑に続いて訪れてみたかったところ・・・
そこは、清里の森の中にありました。

西の魔女宅をたずねて・・・


清泉寮の駐車場に車を止めて、
道を挟んだ向かいの森の中を進んで行くと、
「やまねミュージアム」の手前を左に入ったところにあります。
道ばたに小さな看板が立っていますが、
見落とさずに進むと、いよいよ、WELCOMEの看板が・・・。

ようこそ・・・こちらから


更に奥へ進むと、そこには映画のロケに使われた、
西の魔女のお宅が見えてきます。

魔女宅に到着

100万部を越える大ロングセラーで、
発売されて十数年経った今なお多くの人に読まれている梨木香歩さん原作
『西の魔女が死んだ』が、映画化され、現在公開されています。
HPは、こちら からどうぞ。

私は、ちょうど一年前に原作を読みました。
その頃は、既に映画化の話しが進み、
清里にオープンセットを建造し撮影が始まっていたようです。
原作に凄く感動したので、どんな映画に仕上がっているのか、
わくわくしていましたが、いまだ劇場に足を運んでいません。
なんとなく、期待の反面、原作とイメージが違うのではという不安もあります。
観に行った友人は、原作を読んでいましたが、
(映画も)とても良かったと言っていました。

そんなこんなで、長野・山梨方面に出掛けた折りに、
映画より先にロケ現場を見てみようじゃないの・・・ということで、

森の中にひっそりと・・・

玄関側

バルコニー

サンルームから見る家の中

6月に映画は公開になりましたが、
たぶん、映画を観てから来られた方が多いのではないかなぁ。
夏休みということもあって、
ほとんどが家族連れだったように思います。

建物は映画用のセットですから、
建築構造上、大勢の方が入ると安全面で問題なんでしょう・・・
残念ながら、中に入って見ることは出来ません。
でも、玄関先からのぞいたり、サンルームやバルコニーなどから
部屋の中の様子は良く見えます。
家のまわりや畑などは自由に見学できました。

リビングからキッチン

まいの部屋の小窓

サンルームの曇りガラスには、
(西の魔女)おばあちゃんが、逝ってしまう前に、
孫のまいに宛てたメッセージが残されています。

ニシノマジョカラ・・・

本を読まれた方なら、これを見ただけで、
その場面が蘇ってくるのでは・・・。
私も、こうして書きながら思い出しただけで泣けてきます。

テラスでハーブティー

セルフサービスで自由にいただけるハーブティーの美味しかったこと!
敷地内への入場料が300円必要ですが、
映画のセットが自然と調和し、「西の魔女」の世界に身を置き、
とても良い時間を過ごすことができました。

ハーブ


原作は、ひと夏の出来事が描かれ、訪れたのも夏ですが、
これから、清里には、下界よりひとあし先に秋が来るでしょうから、
そんな頃に訪れてみるのも良いかと思います。
できれば、原作を読むか、映画を観てから訪れると、
より一層、この世界に浸れるとおもいます。

管理人さんに尋ねたところ、
公開は年明けまでとなっていますが、
10月いっぱいは、現在のような形式にて公開予定で、
その先の冬は、草花も無くなるので、どうなるか未定とのことでした。
訪問される際は、こちら にて確認してからの方が良さそうです。

スポンサーサイト



テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

Comment

素敵過ぎです!!

原作も映画も大ファンですゞ(≧∀≦)/
最初読んだ時に、とても救われた気がしました^^
今でも原作を読むと思わず泣いてしまう。。映画、とても素敵でしたね^^
ゆずのねさん!!ロケ写真とそしておばあちゃんの最期の言葉を拝見させて頂き、大感謝です(ノ≧▽≦)ノ本当にありがとうです^^

奏さんへ

奏さん、おはようございます。

原作も映画も体験済みの奏さんなら、
この世界に入ったら開園から閉園まで居たくなることでしょう!
今にも、セットから二人が現れてきて、
お祖母ちゃんがまいとジャムを作ったり、
畑に野菜を採りに行ったり、リビングで話しをしたり、
そんな光景がいきいきと浮かび上がってきそうでした。
おばあちゃんが、優しく「アイ ノウ」と言ってくれて・・・。
死は悲しく辛いけれど、ガラスに書かれた言葉にも救われます。
奏さんと感動が共有できて嬉しいです。

No title

ゆずのねさん、こんにちは。

もう一箇所行きたいところとは、ここだったのですか~!!

清里の高原の様子もお家もイメージ通りです^^*
使いやすそうなこじんまりとしたキチンからジャムを煮る香りがしてきそう~

キチンの奥にある煙突がついているのは、オーブンかな~?ストーブかしら~?

曇りガラスに残された、おばあちゃんのメッセージも感激です!!


すてき~!

旧ブログのメッセージを読んで飛んできました!
西の魔女のおうちに行ってこられたのですね☆

>なんとなく、期待の反面、原作とイメージが違うのではという不安もあります

実は私も ゆずのねさんと一緒で こんな不安を抱え 
ずっと映画館に足を運ぶのをためらっていたんです。
でも どうしても気になって最終日のレイトショーに駆け込み
見て来ました!
原作に忠実に…丁寧に作られた映画 という感想を持ちました。
ラベンダーの上でシーツを乾かすシーンは もうちよっと…な感じでしたが。
(ラベンダーがもう少し多ければ…^^;)

映画はまだ公開されていますか?
おすすめですよ(*^_^*)

魔女のお家の写真 本当に素敵です☆
まいやおばあちゃんが どこかに写りこんでいるんじゃないかと思っちゃうくらい。
残念ながら あまりにも遠くて足を運べそうにありませんが
こちらで 魔女の家を満喫させていただきました。
感謝です。

偶然♪

私、来月ここへ行く予定なんです~。(^^)
ゆずのねさんも行かれたのね!
楽しみです!(^^)

tenkoさんへ

tenkoさん、こんばんは。

諏訪の途中にある、明野と清里には、是非寄りたいと思っていました。
特に、ここ「西の魔女」のお家には、
ちょっと照れくさそうな主人に、たっての希望で寄ってもらいました。
映画を観ていない私ですが、原作のイメージ通りでしたよ。
おっしゃるとおり、向かって左の煙突は、オーブンのもので、
屋根の右にあるレンガの煙突は、薪の暖炉用です。
庭先にもレンガ作りの窯があり、
そこでワイルドストロベリーのジャムを作ったと思われます。

おばあちゃんのメッセージの曇りガラスの上の方には、
おばあちゃん役をやったサチ・パーカーさんのサインもありました。

西の魔女さんへ

西の魔女さん、こんばんは。

この本がご縁でお付き合いさせていただき始めた西の魔女さんに、
是非、見ていただきたいなぁと思いながら撮ってきました。
映画の為に、実際にイメージ通りに建造された家は、
中に入って見ることは出来ませんでしたが、
サンルームを始め、2階からまいが下りてきそうで、
庭には、ラベンダーもさり気なく植わっていたり、ジャムを作った石窯もあったり、
畑や、まいが自分のお気に入りにした場所など、
周辺も良く再現されていました。
この先、どんなふうに保存されていくのかわかりませんが、
「西の魔女・・・」ファンには、たまらない場所です。
なんだか、映画も観てみたくなりました。

イオさんへ

イオさん、こんばんは~。

おっ、行かれるのですね!
季節が移り変わって、また違った感じになるかも・・・。
清泉寮のソフトは、帰りに感動の余韻にひたりながらいただきました。
イオさんのブログを楽しみにしていますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード