スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラベンダーの香り

梅雨入りした頃は、空梅雨なんて言われていたけど、
今日は、かなりしっかりと降りました。
半袖では寒く、長袖を着て、
窓の外に目をやりながら暖かい緑茶が嬉しい一日。

湿度が高くても気温が低いので、蒸し暑く感じないですみます。


P6084110.jpg



先日、雨が降る前、蕾が開ききらないうちに、
我が家のラベンダーを刈り込みました。

刺し木で増やしたものが、随分大きくなって、
バサバサというより、1本1本丁寧に、
このタイミングで摘み取るのは、
可愛そうな気がして心が痛むけど、
「今年も咲いてくれて ありがとうね」って感謝しながら切り取り、
長さを揃えて束にしたものを、
逆さに吊るして部屋干し中(^^)

雨で、洗濯物も部屋干しなので、少し鬱陶しいけど、
ほのかにラベンダーの香りがしてホッとします。

北海道に住んでいた頃、
何度も富良野や美瑛を訪れた際、
ラベンダーの時季には、紫の絨毯が見える前に、
その香りに気づくほどだったことを懐かしく思い出しています。
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

白つばき

思わず身体がほっとゆるむほど、
ほんわかと暖かい如月の最終日に、
春の足音を聞いたようで、心も緩んだ一日でした。

この冬、雪国では記録的な積雪となっているようで、
寒いと言っても冬の日差しがある富士山麓は、
雪による暮らしの不便さを感じることなく過ごさせてもらっているのに、
春を感じる暖かさに、これだけ嬉しさをおぼえるのですから、
「もう勘弁して!」と言いたくなる程の雪に囲まれて暮らす皆様の、
春を待つお気持ちはいかばかりでしょう。

かつて、北海道にも住んだことがある我が家ですが、
かの地を離れた年数も経ったので、
今となっては、あの頃の暮らしも懐かしいなどと、
のん気なことが言えるこの頃です。

でも、今思えば、
あの頃は、もっと若かったし、丁度子育て中で、
それぞれ転勤先の土地と暮らしに慣れ親しんで、
住めば都・・・と、つきなみな言い方になりますが、
雪や寒さも、暮らしの一部として受け入れられていたように思います。

辛いとき、苦しいとき、悲しい時は、
そこだけしか目に入らず、
その状況からなんとか抜け出せないものかと、
あれこれ悩み、もがいて、気持ちも落ち込みますが、
昨日のような、思いがけない春の予感に、
力んでいた心身も、ふっと緩んで楽になる。

必要以上に悩むことも無く、
今出来ることをやるだけ。

『明日のことを思いわずらうな』


P2113600.jpg


花は置かれた場所で咲いている。

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

訳あり桜

冷たい雨が降って、暦どうり雨水となりました。
少し前まで、冬晴れで乾燥した日々が続いていたのに、
こうして雨が降り、時には雪に変わることもあるのでしょうが、
季節は少しずつ移り変わって、
花咲く春がやって来る・・・ワクワク(^^)

まだ、早咲きの河津桜ですら蕾は固い頃に、
ここだけ、毎年ずいぶん早く咲き、
ひと足早くお花見気分を楽しませてもらっています。


P2053588.jpg


職場の古い階段に、24時間まわっている換気扇があって、
そこの噴出し口近くにあるから、
暖かい空気を感じて咲くのでしょう。

毎年決まったように咲くことを、
当たり前とは思わずに受け止めたい。

隕石の落下に当たることが天文学的な確立と言われても、
杞憂にすぎないと笑われても、
今を生きているからこそ、
見られる花、会える人、遭遇するまさかの出来事。

訳あって早く咲いてしまった桜も、
今を生きている・・・
そう思うと、一層いとおしい。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

八月の花たち

ロンドンオリンピックがあったせいか、
8月は世界記録並みのスピードで過ぎていきました。

子供の頃、夏休みは、始まりの1週間あたりこそ長いように感じても、
気が付けば尻に火がついて、30日31日は課題に追われていました。
それでも、今より時間はゆったりと流れていたように思います。

8月が終わったからと言って、急に秋になるわけではなく、
お彼岸の頃までは、夏を引きずって、
「(夏よ)さっさと行っておしまい!」という名台詞も耳にします。

この頃、道端で全力を使い切り、ひっくり返って息絶えたセミを見かけます。
命は、繋がることがあっても、
それぞれは、唯一かけがえのないものだから、
八月の終わりになると、なんだかとても切ない。 


 夏の花たち


盛夏の頃から、目の眩むような日差しのなか咲いていた夏の花たち。



アメリカフヨウ シュウカイドウ

ハイセイサルスベリ オオハンゴンソウ


暑いと文句も言わず、みずみずしく咲く姿。


夏の花たち 2


色鮮やかで


オニユリ


元気を分けてもらった花たち


明野のひまわり


ありがとう

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

夢も膨らむフウセンカズラ

昨年苗をいただき育てて収穫した種を植え、
ささやかなグリーンカーテンになってきたフウセンカズラが、
可愛い風船をつけ、涼しげに風に揺れ始めました。


フウセンカズラ



玄関先にもひと鉢置いて、
ラックに絡ませ楽しんでいます。

花はかすみ草のように小さくて、
くるりんっと伸ばした両腕のようなツルを巧みに絡ませながら、
どんどん成長していく様子は、
見かけによらずたくましく、たのもしい(^^)

こんなに小さな花なのに、結実し、
はじめはとっても小さな風船が、
ほうずきをひとまわり小さくした位の大きさになり、
中には部屋が三つもあって、あの可愛らしいハートマークの種を宿します。

もともと、ゆず友から瓢箪の苗を貰って育てていたら、
ひょうたんは花が実を結ばず絶えてしまったのに、
脇からひょろひょろと芽が出てきて、
こじんまりと成長し、種を10粒収穫したもの。

今年は、その10個の種が全員発芽して、今に至っています。
この調子でいけば、可愛い種が沢山収穫できる・・・はず。
ささやかな夢も膨らむフウセンカズラです。

連日、時間の許す限り、アスリートたちの熱戦を観ています。
オリンピックという大舞台で、
今までやってきた練習の成果を、
様々な思いやプレッシャーを背負いながら発揮するって、
どれだけ大変なことか・・・

人前でちょっと意見発表するだけでも、
心臓バクバク、血圧上昇、のどカラカラ、
足ガクガクになる凡人の私にはとても耐えられません。

金メダルを目指し、夢を現実のものにしようとする人達の姿は、
見ているだけで、パワーをいただけます。
努力は実を結び、それぞれ何かしらの種を収穫し、
それが、次へと繋がっていく・・・
テレビの前で応援するしかない呑気な私ですが、そう思うこの頃。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。