FC2ブログ

泊まってみたいな黒百合ヒュッテ!

夜明けに出勤し、日が暮れて、
カサカサと落ち葉が木枯らしに吹き飛ばされる音がして、
夕餉の支度をする匂いが、明かりの灯った家々から漂ってくる中、
足取り重く、無事一日が終わったことをかみ締めるように帰宅しています。

朝晩は勿論、寒さが日ごとに増してきました。

山は、とっくに冬景色なんでしょうが、
まだ、北八の秋を引きずっています。

にゅうから中山峠を経て、目指した先は黒百合ヒュッテ。


PA304588 (640x480)


軒下の黒百合がお洒落(^^)
ガスがかかってきて、寒くなったので、
外で温かい昼食を作っていただき、
憧れの山小屋の中でも休憩することにしました。


PA304597 (640x480)


私たちの他にも、何人かの登山者がいました。
でも、晩秋の平日でしたから、
小屋番さん達も、どこかゆったりとした雰囲気。
いいんだなぁ~ ここからの眺め!


PA304593 (640x480)


お茶にかりんとうが付いて、真ん中にストーブがある丸テーブルを囲み、
この雰囲気をしばらく楽しみます。
山行きの記念は、黒百合さんの手ぬぐいと山バッジ。
それに、KIKIさんがここにプレゼントされたスタンプが、
何よりの思い出になりました。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

ふたたびの北八ヶ岳

師走の声と共に、朝晩の冷え込みも本格的となり、
冬への心構えが不十分な今頃が一番身体に応えます。

良いお天気が続き、富士山が綺麗に見えるこの頃・・・
職場のイルミネーションが始まり、
勤務体制が、今までより早くなり、帰りもとっぷりと日が暮れるまでになりました。
ブログの更新はおろか、たちあげる気力も残らない日々(^^);
パンを作りながら富士山が見える環境にあって、
今は、仕事に専念する時期とわかっていながら小さくため息・・・ふぅ。

この忙しさが始まる前、エネルギーを蓄えるように通った北八ヶ岳。


PA304550 (640x480)

9月、赤岳登山の帰りに白駒池と高見石を訪れて以来、
すっかりはまってしまい、10月の終わりにも再び行きました。

映画『岳』の撮影に使われた稲子湯さん。
ここに車を止めて、みどり池入口からシャクナゲ尾根を登り、
白駒池分岐を通過し、目指すはニュウ(標高2352m)。


PA304557 (640x480)


10月の終わり頃ともなれば、山の紅葉はかなり下までおりていました。
落ち葉を踏みしめ、枝に残った葉がまぶしい朝の陽射しを受け、
新緑の頃とは違った山の空気に包まれると、
身体の隅々まで浄化されていくようです。

7時に稲子湯を出発して、ごつごつした岩場のにゅうに到着したのが10時30分。

PA304582 (640x480)


この日は、主人の職場の山女子さんが2名一緒でした。

彼女の視線の先には、
う~ん、この画像でわかるかなぁ・・・富士山も見えていました(^^)
反対側には、9月に歩いた白駒池や高見石も見え、眺めは最高!


PA304564 (640x480)


山頂の眺めを楽しみ、更に1時間ほど歩くと中山峠。
親切で分かりやすいこうした看板があって、
山歩きをする者にとって、本当にありがたく心強いかぎりです。
ここはご覧のように、重要な分岐点。


PA304584 (640x480)


私たちは、右の黒百合平の方へ、進みます。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

北八の魅力

北八ヶ岳の魅力を感じようと赤岳の翌日に立ち寄った白駒池。

ゴツゴツした溶岩に針葉樹が根を張り、
苔がびっしりと敷き詰められたように生育している様子は、
その場に身を置かないと感じられない独特な雰囲気。
その種類がわかれば、もっと楽しめるのでしょうが、
もののけの森というだけで、雰囲気は充分伝わるでしょうか(^^)

P9254523 (640x480)


白駒池を青苔荘から時計回りに一周し、
更に、少し急な岩がゴロゴロしている上りを進むと、
この日のお目当てだった山小屋が見えてきました。


P9254529 (640x480)


天窓があって、星に詳しいご主人がいらっしゃる高見石小屋。
グッズも可愛いし、美味しそうなメニューもありそうです。
私たちは、持ってきた食糧でお昼休憩をとりました。


P9254534 (640x480)


お湯を沸かして、いつもの珈琲タイム。
泊まってみたいなぁ・・・


P9254542 (640x480)


小屋の横をすりぬけ、大きな岩を登ると、
眼下に、さっき歩いてきた白駒池が森の中にぽっかりと見えます。
山小屋に泊まれば、ここから見る夕景やご来光が楽しめるはず。


P9254536 (640x480)


北八・・・
ちょっと癖になりそう(^^)v


P9254527 (640x480)

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

わくわく 北八ヶ岳

山のことばかりアップしていると、
山ばかり行ってるように思われそうですが、
仕事が忙しければ忙しいほど、
休みの日は、出来る限り山に出かけたいと思っています。

赤岳に登った日は、毎年9月の恒例、八ヶ岳でのホテル泊。
弾丸登山や日帰りが多い我が家だから、
下山してから泊まれる山行きは嬉しい。

早朝、温泉に入って前日の疲れを癒しながら、
折角だから、北八ヶ岳もすこし歩いてみようと思い立った・・・

P9254493 (640x480)


ホテルから野辺山を越えて、いちろ麦草峠まで車を走らせ、
峠の駐車場に止め、そこから、白駒池を目指しました。


P9254494 (640x480)

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

文三郎尾根を下る

10月も終わろうとしています。
明日からは11月・・・
秋が駆け足で行ってしまう。
今朝の富士山は、山頂がまた雪化粧していました。

それなのに、のんびりと9月の山行きをアップ中(^^);


P9244483 (640x480)


赤岳の山頂で、景色を楽しみながらお昼ごはんを食べたので、
下りも頑張ってスタート・・・。
登ってきたコースではなく、文三郎尾根を下りました。

はしごを二つ下りたら、傾斜が30度はありそうなクサリ場がつづきました。
石を落とさないよう、自分も落ちないよう、
カメラはザックに入れて慎重に。


P9244462 (640x480)


中岳から阿弥陀岳にむかう分岐を過ぎ、
苦手なガレ場や鉄の階段をどんどん下ります。


P9244479 (640x480)


それにしても、文三郎尾根の階段、すごい所にありますよね。
こうして眺めると遥か下に行者小屋も見えます。
尾根に階段が設けられていることで、
いっきに高度がかせげるわけですが、
この階段には、マムートのマークがついていました。
上りに使った鉱泉から行者小屋までの登山道にもマムートマーク付きの土留めがあったなぁ。

登山道整備事業にマムートジャパンが整備費用を負担していて、
通称、マムートロードとよばれているそうです。



P9244490 (640x480)


無事に樹林帯まで下りて、
阿弥陀岳から下りて来る道と合流するあたりまでくると、
さっきまで居た赤岳は、もうあんな遠くに見えます。


P9244492 (640x480)


行者小屋まで戻ったら、ホッとしたのと、
登るときは小雨とガスで見えなかった小屋からの風景があまりにも綺麗で、
ちょっと長居をしすぎました。

このあと、車を止めた美濃戸まで、
登ってきた北沢ルートではなく南沢ルートを使っての下山が、
思ったより大変で、
山間の日暮れが早いとは知りつつも、
16時をまわってしまい、
あわや、ライトを点灯しなければならないほど薄暗くなってしまいました。

なんとか美濃戸まで下りてきたのは17時30分。
お陰さまで、赤岳への山行きは無事に帰還となりました。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード