スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探しています、かたつむり・・・

冷たい雨が降って、季節が逆戻り 
長袖を着ても寒くて、暖房に手が出そうになりましたが、
地球にやさしい暮らしのために、
この位なら、膝掛けや、もう1枚羽織ってしのぎます。

朝から雨だったので、
家事もそこそこに、ある本を求め、まずは本屋さんへ 

ありました・・・
売れ筋の棚に、ひと目で発見出来る可愛い表紙。
手にとって、パラパラと中を捲ってみましたが、
立ち読みできる本でもないので、
諦めて、その足で図書館へGO・・・
図書館のPCで検索すると、ただ今貸し出し中 
ならば、リクエストの紙を出してみると、
「かなり、予約の順番待ちになります」と言われてしまったぁ 
本は、極力増やさない・・・
仕方がないので、「それでも良いのでお願いします」と出してきました。

読みたいと思っているのは、 この 本です。

紫陽花


昨日撮ってきた紫陽花にも、
かたつむりさんの友情出演が欲しかったなぁ
スポンサーサイト

テーマ : 気になる本をチェック!!
ジャンル : 本・雑誌

そろそろ雨のシーズン・・・

明日は、また雨になるらしい・・・

お天気が続かなくなって、
やがて西から梅雨入りの便りが届き始め、
いよいよ「私達の出番ね」と、
ちょっと気のはやいこの子が咲き始めました。

あじさい


月末なので、パン製造の後、棚卸しをし、
帰る頃には、怪しげな黒雲と気持ち悪い風が吹き始め、嵐の予感。

週末と月末が重なり
もう、すぐそこまで6月がやってきています。

早いものですね・・・
桜が終わって、GWも終わって、
そろそろ、雨のシーズンがやってきます。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

煮込みハンバーグ~!

体に優しいハンバーグ~ 

煮込みハンバーグ


どこが優しいかと言えば、
合い挽き肉と同量のレンコンが使ってあるんです。
挽肉が500グラムだったら、レンコンも500グラム。
レンコンは、500のうち半分は摺りおろし、
半分は食感を出したいので、みじん切り。
通常のハンバーグにはみじん切りにしたタマネギをよく炒めて入れますが、
れんこんハンバーグには入れておりません。
パン粉、半カップを牛乳で浸しておいたもの、
卵(全卵)、1個
ケチャップ、大さじ2
しょう油、大さじ2
からし(チューブに入ったものでOK)、絞り出して長さ5センチくらい
ナツメグ
これらを、ボールの中でよく混ぜ、成形して焼きます。
それを、トマトベースで野菜たっぷりのソースを煮詰めた鍋に入れて
軽く煮込めば完成 

お肉とレンコンが、まっちんぐ~
作っているだけで、お腹が、ぐ~
(すみません、昨夜姫2と「レッドカーペット」を見たので、 すっかりはまっています)

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

初夏ですね・・・

お天気が意外にもって、本日も日差しがビシバシときつかったですね。
紫外線が、親の敵(仇)のように言われていますが、
外で働く方々もいらっしゃるわけだし、
今は子供もUVケアーしている時代ですが、
昔は、なんて無防備に、外で日が暮れるまで遊んでいたことか・・・。

勿論、シミや皮膚ガンは恐いです。
出来れば、遠慮したいものです。

でも、ギラギラ輝く太陽の恵みが無かったら・・・・

三島梅花藻 3


紫外線を気にしながら撮ってきた、三島の梅花藻です。
以前見た時は、水中で可憐に咲く姿だったのですが、
昨日は、水面にみなさん出ていました。
キラキラと下からの照り返しも気になりましたが、
いいのよ、生きていればシミのひとつ位あっても当然。

工房のスタッフから差し入れをいただきました。
家に帰って、ゆっくり味わいますと・・・

フルーツゼリー


たかがゼリーと思っていたら、意外な美味しさにびっくり!
こちらの商品です。

フルーツゼリー 2


今日みたいな暑い日には、ぴったり 

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

暑くなると、人も暮らしも食べ物も模様替え

富士山麓でも、30℃に手が届きそうな程、日中は暑かったです。
今日までは、安定したお天気というので、
布団のカバー類や、毛布などをいっきに洗いました。
掛け布団も薄手の羽毛で、もう大丈夫と思われます。
今日は、さすがに私も半袖で一日過ごしました。

こうして人も住まいも、衣替えや夏に向けて模様替え・・・
庭の草花も、パンジーやビオラを抜いて、少しずつ植え替え。
ラベンダーは、今年も元気に育って、沢山蕾を付けています。

食べるものだって、
季節によって変化があって当然ですね。

それでは、みなさん、
夏になったら食べたくなるパンって何でしょう?

暑くなると食欲が落ちるので、
サッパリした物や、パンチのきいたスパイシーな物が好まれ、
パンに喉ごしを期待するのは無理ですが、
甘系(チョコやカスターなど)は、どうも敬遠されがちのようです。

ちょっと話しが逸れますが、
暑い夏に、熱いものをふうふうしながら、
汗かきかき食べるのがいいのよ・・って言う方もいらっしゃいます。
私も、賛成 
体を冷やすような食べ物ばかり摂っては、
内臓にとって好ましくないように思います。

というわけで、
仕事帰りにブックカフェで読んだ本は、こちら・・・

本が好き1


私が、心秘かに尊敬し憧れている徳永久美子さんの本
「パンを楽しむ生活 おいしいおはなし」
徳永さんのお店は、横浜の住宅街にあり
遠方からも買いに来る方がいる程の人気店です。
何か参考になるアイディアはないものか・・・。

熱海市在住のガーデナー水谷昭美さんの本
「ナチュラルガーデン 小さな庭に四季をつくる」
水谷さんは、ご自宅の庭でガーデニング教室を開催するほか、
ガーデニングアドバイザーとして、
熱海市の公園や通りの植栽なども手がけられています。
本のタイトルにもあるように、
本の中に散りばめられた写真や文章がとっても自然体で、
読み終わった後、幸せ気分になれました。





テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

この歳になって・・・

うん十年生きてきましたが、
この歳になって、初めて知ったことのひとつ・・・

 おっか(丘)の上 ひなげしの花で~・・・の、ひなげし

ひなげし


北海道・美瑛の丘で、パッチワークのように広がる花畑のポピー

ポピー


古代中国で、項羽の愛する虞妃の名からきた虞美人草

虞美人草


同じ花だということを、知りませんでした。
それぞれの名前は、知っていましたが、
三つが同じものと繋がったのは、つい最近のことです。
ああ、恥ずかしい~。


栽培が禁止されている「芥子」と同じ仲間だけれど、毒は無いそうです。
「芥子」と書いて「けし」?
あれ、「芥子」って「からし」じゃなかったかなぁ・・・?
調べたら、本当の「けし」は「罌粟」と書くそうだけど、
読めません&書けません 

ついでに私はパン屋ですから、
あんパンなどに「けしの実」を使います。
使われている「けしの実」には、勿論、毒性はありません。

小さいものの喩えに、「芥子粒ほどの・・・」と言いますが、
私の知識なんて、芥子粒ほどしかありませんでした。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

蕾が可愛い「カルミア」

金平糖のような蕾がとっても可愛い『カルミア』

 カルミア


初めて見た時は、摘んで食べてみようかと思ったほど。

蕾は金平糖のようですが、花は、パラソルのようですね。
蕾が、どんなふうに開くのか・・・
その瞬間に立ち会いたいと思って、
しばらく写真を撮るふりをして、見ていましたが、
残念ながら、叶いませんでした。
パチンと弾けるように開くのかなぁ~?
じわじわっと開くのかなぁ~?

ついでに、花とは関係ありませんが、
花の名前が、カルミアと聞いて、
私は、まっさきにアノお菓子を思い出しました。
最近、見かけないけど、まだ売っているのかなぁ~?
アノお菓子で、ぴ~んときた方・・・・
同年代ですね、きっと。
アノお菓子って、遠足の時などは、
決まって、「おやつ代300円以内」の中に入っていました。
ペッツやメントスとは、またひと味ちがうアレです。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

大人げなく、メダカに嫉妬・・・

お天気は下り坂ということですが、
昨日、今日と真夏が来たかと思うほどの暑さ。

窓の外を見ると、もう歩いている人は半袖姿 
ソフトクリームなぞ木陰で食べている様子を、
窓のこちら側では、朝からクーラーが点いているのに暑くて、
羨望の眼差しで見つめる・・・

「コックコートには半袖は無いのか?」と年輩のスタッフの発言。
「この詰め襟のようなデザインと生地の厚さは、どう見ても夏向きではない!」
衛生上と火傷防止の為には、仕方ないのです・・・
それにしても、窯の前は暑い 
これから、まだまだ暑くなるし、梅雨に入れば蒸し暑さにかわる。
少しは、ダイエット効果があるかもしれない・・・
ささやかな期待を持ちながら帰宅すれば、
新しいマイホームに分家したメダカさんの涼しげなこと

めだかの分家


良いね~君達は涼しげで 
あっ、私、ちなみに泳げません 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

天使が舞いおりたような花

寒い時季は、まるで枯れ朽ちたようになって、
落ち葉と見間違うほどにチリチリだったのに、
暖かくなるのを、じ~っと待って、
新芽を伸ばし、むくむくと元気になっていくさまは、
毎年のことながら、元気をいただくような思いです。

シンボルツリーの「ヒメシャラ」の根元で、
健気に頑張っている「ユキノシタ」が、
今年も、茎を持ち上げて、蕾をつけ始めていました。

今朝、やっと、ひとつふたつと咲き始めました。

ユキノシタの花


風に吹き飛ばされそうな位小さくて、
バラの様な華やかさもなく、
ひっそりと咲く花・・・・ユキノシタ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

拝啓、福沢諭吉様・・・

日差しが痛いくらい燦々と降り注ぐ一日でした。
5月も後半ですから、確実に、夏に向かっていますね~。

冷たい飲み物は、あまり好んで飲みませんが、
昼間は、アイスコーヒーをいただきました。

アイスコーヒー


毎年、5月が来ると、青色吐息でつぶやきたくなります。

拝啓、福沢諭吉様
あなたは、どうして行ってしまうのですか?


普通車と軽自動車の税金、
ここの住宅地の管理組合年会費、
とどめは、宅地と家屋の固定資産税・・・

自然に囲まれた環境には、反面、マイカーが必需品です。
私は、燃費の良い軽に乗っているとはいえ、
2台分の税金は痛い 

管理組合費とは、団地内の浄化槽の維持管理などにあてられる費用で、
毎月集金ではなく、この時期一括で12ヶ月分を払います。

そして、持ち家の宿命・・・固定資産税!

決まっている事なので、
毎月その為に貯蓄をすればいい話なんですけどね。
わかっているけど、どれも万単位だから、
さよなら、福沢さん 
また会う日は、いつかしら・・・

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

夏色に日焼けしたユズマン参上!

「極力、おさえてね!」

久しぶりに朝から激しい雨でした。
こんな日は、朝いちから、上司のひと言は決まってこの言葉。

前日の天気予報で100%雨と聞いていたので、
準備もそのつもりでしてありましたが、
やはり、テンションが下がります。

使えなくなって捨てることになったフランス生地で、
飾りパンもどきを作って、無発酵で焼いてみました。

夏色に日焼けしたユズマン


本来、飾りパンの生地はイーストが入っていないので、
膨らまないのですが、
これは、フランス生地なので無発酵と言えども、多少膨らみます。

いや~、こんな雨の日なのに、
ハワイ帰りのように日焼けした「ゆずマン」君です。
残念ながら、これはお店に飾るわけにはいきません。

これから、梅雨にむかって、お店も暇になるので、
そういう時にしか出来ない、飾りパンや、
日持ちのする焼き菓子なども作ってみたいものです。

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

How much ?

ガソリンだの、小麦粉だの、
生活に密着したものが、どんどん値上がりしていますね。

私の時給は、ここ数年上がっていないし、
姫2の成績も、努力しているのかいないのか・・・ 
(なんで、そこに振るのかなぁという怪訝な顔 

食料品を買いに大手スーパへ行って、
ぐるっと見て回っただけでも、
ほんの数ヶ月前とは比較にならない程高くなっています。

パン工房内でも、小麦やバターを始めとする仕材が軒並みあがり、
箱買いするカリフォルニア産胡桃なんて、数千円単位で値上がります。
仕材が上がったからと言って、
それを売値に反映させることも出来ず、
かといって、今までより生地量や胡桃の量を減らす訳にもいかず・・・。

今日も、乳製品売り場で実感したのですが、
値段を上げるか、量を減らして価格を従来と同じにするか、
あなたなら、どっちが良いですか?
スライスチーズなどは、以前は10枚入りだったのに、
今日見た物は8枚入りでした。
なんだか、ごまかされたような、でも納得するしかないのでしょう。

そんな、世知辛い世の中・・・
みなさんなら、この昼御膳、いくらだと思いますか?

旬門・限定ランチ


GWの帰省中、同級生と久しぶりにランチをした際、
「ここの限定20食のお昼ご膳には、開店前から人が並ぶ程人気なの」
と、わざわざ並んでとってくれました。

ちょっとした民宿か国民宿舎並の夕食だと思いませんか?
瓢形(ひさごがた)の器にお刺身3点盛り、天ぷらや蒸しもの、
ひとり鍋など、思わず皿を数えてしまいました。
汁物が、ご当地ならば宍道湖のしじみ汁であってほしかったけれど、
あさりがたっぷり入った味噌汁で、
これはこれでとても美味しかったんですよ。
食後にコーヒーも付きました。

これが、なんと・・・

1000円

しかも消費税込み!

限定20食以外にも同じ1000円でランチがありましたが、
とても良い内容のようでした。
宍道湖に流れ込む大橋川沿いにあり、
ちょっと洒落て言うなら、リバーサイドで、雰囲気も最高でした 

お店は、こちら です

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

相性の良いもの

流木は、自然のものだから、どんなものとも相性が良い 

流木と出西の茶碗


GWの帰省中に訪れた出西で買い求めた「夫婦茶碗」
(きゃ~、何度聞いても照れるわぁ、「夫婦茶碗」 
手前のブルーが私ので、奥が主人のものです。
あっ、遠近感のせいで、手前の方が大きく見えますが、
実際は、奥の方が、ひとまわり・・・
いえいえ、ふたまわり位大きいですから、念のため。

毎日使うものだから、
適度な重さがあって、手にしっくりと馴染むもの・・・ 
とっても使いやすいんですよ。

出西窯の案内には、こう書いてあります。

 『柳宗悦先生の民藝の教に一心に帰依して
  野の花のように素朴で、健康な美しい器
  くらしの道具として喜んで使っていただけるものを作ろうと
  祈り願って、同人こころを一つに協せつつ仕事をしております


中島先生、「いい仕事していますよね~」

テーマ : 陶芸
ジャンル : 趣味・実用

♪ワンダフル・ワールドな暮らし

柚子が好きな私は 「ゆず」も大好き!
「ゆず」が好きだから柚子も好き・・・(これは違います)
どっちでもいいじゃない・・・と、お思いでしょうが、
大切な点(私にとって大切なだけですが)なので始めに書きました。

日々の暮らしの中でも、
柚子の物には目がありません。
ポン酢やのど飴は勿論、入浴剤やシアバターなど、
あの香りには、ほんと癒されます。

ですから、身の回りにある物も「ゆず」グッズがあると幸せ 

ゆずグッズ


ただ今、「ゆず」は、「2008 WonderfulWorld 」のツアー真っ最中。
横浜アリーナに行った同僚でゆず友の子が、
買ってきてくれた公式グッズの一部です。
(向こう側にある瓶は、おまけにもらった「ゆずマーマレード」)

今回のツアーのタイトルになっている「WonderfulWorld」は、
宮崎アニメなどでもお馴染みの久石 譲さんがアレンジされていて、
テーマは、実に壮大です。試聴してみたい方は こちら から

CDを聞きながら、タンブラーで飲み物をいただきます 
手前にある3個入っているのは、キーキャップです。
鍵の頭のところにかぶせて使うものですが、
車の鍵も家の鍵も、頭の部分が大きくて入りません。
ですから、こんなふうにして使っています。

マイ携帯


本当は、携帯にじゃらじゃら付けるのは好きじゃないのですが、
これも、ワンダフルワールドな暮らし 

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

流木アート

ビーチコーミングをご存じですか?
コーミングのコームとは、Comb【櫛】のことで、
浜辺をコーム(櫛)で髪の毛をとくようにして漂着物を拾い集めることです。

台風や豪雨の後には、浜辺にいろんな物が打ち上げられます。
近年、隣国から危険な液体などが入ったポリタンクなどもやってきますから、
そういう物には絶対触らないように!
遠い国から流された手紙入りのボトルなんて拾ったら、
なんとかしてお返事を書きたいものです。

さてさて、我が家が今年の春に、
河津桜を見に行った際、主人と拾ってきた流木・・・・
(その時の日記は、こちら・・・良かったら見てください)

結構沢山拾ってきたので、
使い切れず物置で、淋しそうに眠っていました。
休みの今日、ちょっと創作意欲が湧いてきたので、
ごそごそ、手頃な長さのものを探してきました。

流木を使って・・・


う~ん、組み合わせて壁に飾るものを作りたいのですが、
細いものを選んだつもりでも、切る為には、のこぎりが必要。
ところが、探してもどうにも見つからず、
創作意欲が、急激に萎んでいきました。 

しか~し、
小指位の細さならカッターで切れ込みを入れればOKかも・・・

よしよし
なんとか良いあんばいに切れました。
以前木工にはまっていた頃の木っ端を引っ張り出してきて、
草木染めのコースターとコラボして、
こんな物が出来ましたよ 

流木アート


壁に飾って楽しみます 
コースターは、取り外せるようにしたので、
時々、中身をチェンジして気分転換もできます。
制作に要した時間、わずかに30分 

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

雨のち晴れのち雨

昨日やっと天気が回復・・・なんて思っていたら、
今朝は、また激しい雨 
こんな日は、パンの製造数も極力抑えるよう指示が出るので、
私は、お昼過ぎで先にあがることになりました。

ところが、なんとも気まぐれなお天気は、
みるみる回復して、眩しいばかりの初夏の日差し 

雨上がりの桜並木


桜並木はすっかり緑で覆われて、
木漏れ日が涼しげです。

雨上がりで、レンガ道の脇に植わっている植物達は、
いきいきとしています。

ひっそりと咲く花


足元に赤い実を発見 

赤い実


これは、たぶん「へびいちご」でしょうね。
同じバラ科なのに、
ワイルドストロベリーや草いちごと違って、
「へび」なんて名前を付けられて、
そう思って見るから、一層毒々しい色に見えてきて可愛そう。
毒を持っていそうな名前だけど、
毒はないそうです・・・ほんとかなぁ。詳細は こちら へ
食べてみる勇気はない小心者の私。

お天気の良いうちに、窓を開け放って掃除をしよう!

先週後半から、帯状疱疹の痛みもあって、
仕事には行っていますが、
家では、最小限の家事にとどめておとなしくしていましたから、
何日ぶりかの掃除機出動!

そうこうしているうちに、
なんと、急に雲行きがあやしくなって、
またしても雨が降ってきました。

 のち  のち  のち 
まったく、忙しいお天気です。 

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

久しぶりの青空

青空とレインボードーム


久しぶりに青空が広がりました。
気温は相変わらずまだ低くて、
冷たいビールと言うよりも、
熱燗でおでんの方が恋しい気分ですが、
ただ今、レストランやレインボー・ドームの中では、
世界のビール祭り なるものをやっています。
そりゃ~、飲めればね、

「ちょっと仕事帰りに  やっていく?」

なんて言えますが、
下戸の私には、こうして写真を撮って散策して帰るのみです。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

最近、お便り書いていますか?

最後に手紙を書いたのはいつかなぁ?

電話や携帯のメールが多くなって、

文字を書くことが少なくなりました。

まして、手紙となると、

書き出しはどうしようか・・・? 

文章の展開は・・・? 

漢字を忘れてしまったなぁ・・・。 

あっ、ここまで書いてきて、字を間違えた・・・! 

でもでも、

やっぱり、お礼の気持ちを伝える為に、

それと、この切手を使いたいから・・・・

お手紙time


まだ、体を活発に動かせないので、

今日までの休みを有効利用するためにも、

先日の帰省の際、寄り道した叔父のところへお礼の手紙を書きました。

一緒に撮った写真も同封して。

「ふるさとの風景」1集


5月2日に発売になった、原田泰治さんの「ふるさと心の風景」

シリーズ第1集 「夏の風景」 です。

この後、秋・冬・春と第4集まで発売予定になっています。

原田さんの絵は、諏訪まで何度も原画を見に行く程、大好きです。

その絵が、季節ごとに切手になって発売とは・・・

嬉しくて、保存用にシートでも買いましたが、

切手は使ってなんぼの物ですから、これを機に、せっせと書かねば。

どなたか、お便り欲しい方、ご一報くださ~い。

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

晴耕雨読な一日

冷たい雨が降っているせいで、
先ほど、外の気温を見たら10℃でした。
気温だけ一気にひと月も逆戻りした感じです。

迷わず、ファンヒーターに灯油が残っているのを確認して、
スイッチ ON
ふ~・・・ 5月になって暖房のお世話になるとは・・・。

こんな時は、晴耕雨読な一日 
朝から、まったりとしています。

まったりとしていると言うより、
てきぱきと動けない体・・・と言った方が正しいのですが。

実は、GWの前半は田舎に帰省し
30日の夜中に戻ってきて、休み無くそのままGW後半に突入。
GWが明け、やれやれと思っていると、
左脇腹あたりに違和感を感じ、
下着があたる辺りだったので、
何かにかぶれたのかなぁ・・と思っていたら、
かゆみより痛みに変わってきて、
ひょっとして、コレは『帯状疱疹(たいじょうほうしん)』?
だとしたら、早期受診・治療と聞いていたので病院へ直行!
診断は、やっぱりそうでした
帯状疱疹とは、こんな病気です。こちら
入院して、8時間おきに点滴を一日3回、7日間するのが普通らしいですが、
現在、入院できる状況ではないので、
なんとか点滴と同じ効果のある飲み薬でとお願いしたら、
一日五回7日間飲み続けて下さいと処方されました。
その薬の高いこと!  目が点になりました。
でも、それしか方法がないからには、
ウィルスを抑える為に昨日から飲み始めています。

これは、おとなしく休めってことでしょうね。

そういう訳で、雨ということもあって、
会社のブックカフェで雨音を聞きながら、のんびりと読書。
読んだのは、この2冊です。

角田さんの「しあわせのねだん」


角田光代さんの『しあわせのねだん』
これは、読んでいてそれぞれに思い当たるふしがあり、
回りに「あの人、変?!」って思われそうな程笑いました。
鞄の値段、Suicaを入れるパスケースの話し、
財布に入れておくと安心な金額、想像力1000円など、
短編で半日もあれば全部読めます。

もう一冊は 『まこという名の不思議顔の猫』 

まこというなの不思議な猫


にゃんこなどのペットの居ない我が家ですが、
これを見たら、こういう暮らしも癒されるなぁ・・・と、
ほのぼのさせられた写真集です。

暖かい飲み物に、お店の女の子が可愛いいたずらを加えてくれました。

読書タイム


雨の日の、こういう時間に癒されます。
ガラス窓越しの外の景色は、
映画 「今 会いにゆきます」の世界でした。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

備前と出西のコラボ

備前と出西




帰省で、備前窯と出西窯に寄ったからには、

こういうコラボで楽しむために、何か一品・・・。

でも、今回買ったのは出西のご飯茶碗と箸置きです。

箸置きが、「私よ!」って主張してますね 

この徳利は、叔父のところでいただいた物。

焼き物は、ピンキリですが、お高いのが常・・・

欲しくても、そうそう手が出るものではありません。

でも、何か記念に買うとしたら箸置きって良い考えだと思います。

毎日使う物だし、お揃いでなくても、各地の焼物が語れるわけで

備前でも箸置きに目がいったのに買い忘れました。

前回、出西窯で買ったのも、こんな小物達。

出西の小物達


めじまぐろ(本マグロの子供)を肴に、日本酒をいただけば、

旅の思い出話しに花が咲きます 

誰ですか・・・

「老後の楽しみみたいやなぁ」と言っているのは?

そのとおりですけど 

でも、私・・・下戸ですから 431






テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

世界遺産をめざして 閑谷学校

備前焼の里を観た後、もう一ヶ所訪れた先は、
「岡山世界遺産推進委員会」が、
津田永忠が大きく関わったとされる吉井水門や後楽園など
多くの史跡を世界遺産候補として国内申請する決議を採択した中のひとつ
岡山藩主池田光政の命により津田永忠によって建設された
世界最古の庶民学校 『閑谷学校』です。

閑谷学校


山間にひっそりとある校地は国指定の重要文化財で、
石塀に囲まれた中にある講堂は国宝に指定されています。

国宝・講堂


屋根には備前焼の瓦が敷かれ、
いまの時季は、周りの緑とのコントラストがとても美しい。

楷の木


聖廟の前にある、対の大木は「楷(かい)」の木で、
秋になると、その紅葉は素晴らしいそうです。

敷地を一周し、渓流に沿い山腹をめぐって756メートルに及ぶ石塀は、
形のことなった石を巧みに組み合わせた切り込みはぎ式の石築きで、
元禄14年(1701年)に完成したもの。

石塀


内部に洗浄した割栗石をつめ雑草を生やさないよう工夫され、
300年経った今でも実に美しく豪壮です。
昔の人の仕事は、なんと素晴らしいのでしょう。

石塀の奥にある、旧校舎は昭和39年まで実際に高校として使われ、
現在は、資料館として公開されています。

資料館


この表札も、勿論、備前焼でした。

こんな静かな環境で、しっかり学んだら、
きっと、良い人材が育つことでしょう。

閑谷学校にて

テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

帰省途中の寄り道  備前焼のふる里

今回の帰省も夜中の出発でした。
名神あたりで朝ご飯を軽く食べる為に、
大津SAで休憩したとき、

 「今回は、どこに寄り道しようか?」
 「え~、良いの? あそこと、あそこ・・・」
 「そんなに寄れるわけないでしょ・・・」

急に言われてもねぇ~

 「山陽道を回って、岡山の叔父さんのところに寄ってみようか?」
 「急な話だから、電話で聞いてみるね 

 「ええよ~、気を付けて来られ(岡山弁)」

以前から、田舎に帰る時は寄りなさいと言われていましたが、
遠回りになるので、なかなか立ち寄れませんでした。
でも、山陽道の和気ICから出てすぐ近くなので、
折角主人がその気になっている時にと、立ち寄り決定!

ほんのちょっと、お土産を渡してお茶をいただく程度にと思っていたら、
お昼ご飯を一緒に食べた後、
近くを案内するからと連れて行かれた所が、

備前市


マンホールではありません。
このマンホールがある街、備前です。

前置きが長くなりました・・・

ここは、私は叔父達と一緒に何度か訪れたことがありますが、
主人は、初めてだったので興味津々 

ギャラリー


いつも覗くお店は、伊勢崎さんのギャラリー。
伊勢崎 陽山の息子、長男が伊勢崎 満さん、次男は人間国宝の淳さん、
満さんの息子さんは四人とも陶芸家として活躍されていて、
ギャラリーでは、陶芸には素人である私達にでも、
親切に備前焼の特徴などを、分かり易く説明して下さいました。

備前焼の歴史や多彩な窯変については、こちらで。

特に「緋襷」という窯変について、
登り窯のある工房で詳しく教えていただきました。

緋襷


登り窯


釉薬をかけず、松割木を二週間燃やし続け、
高温でじっくり焼き締めている過程で、
土や燃料の割り木の灰が偶然に生み出す窯変の魅力。
『作意を越えた自然の力 備前は自然の焼きもの』と言われる由縁です。

温もりを感じて・・・


「その焼物がそこにあることで、
 精神的に温かみを感じるような物をつくらなければならない。
 それが陶芸家の使命である」
人間国宝のひとり、藤原 雄さんの言葉です。


テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

富士山と皐月晴れと田植え

GWも今日で終わりました。
Uターンラッシュがまだ続いているようですが、
みなさん、安全第一で無事帰還されますよう    

本日は、連休最終日でしたが、
私、前半の帰省、その後連日の出勤で、
今日やっとお休みとなりました。

それなのに、いつも通りに早く目覚め、
「働け~!」と言わんばかりの天気の良さに、
せっせと、掃除・洗濯・庭仕事・・・

でも、こういう日を待っていましたと、
家事の手を一旦休めて、近くまでちょいとひとっ走り。
今の時期にしか出会えない風景を見に行ってまいりました。

この風景に会いたくて


丁度、田植えを始めたおじさんがいらっしゃいました。
そう、この風景・・・・
この時季にしか出会えない風景 

今は、手植えの風景にお目に掛かることは、ほとんど不可能な時代。
でも、日本の原風景ですね 

田植えが終わった田んぼもあります。

5月の風景


富士山の恵みで、この辺りは美味しいお米が育つんです。
私達も、その恵みにあやかり、育てていただいています。
感謝 

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

SAは高速のオアシス

田舎への帰省は、片道700キロ以上あるので、
車を使った場合、寄り道をしなくても、
休憩しながら10時間はかかります。

ひとりならJRや飛行機も有りですが、
二人以上なら、断然、車がお得。
ETCの深夜割引が、現在40%OFFとなっている為、
これは、かなりポイントが高いわけで、
しかも、今回は連休前半でしたから、
ガソリンが値上がる前 

主人と交代で運転しますが、
助手席に座っているだけでも、
「腰が痛いよ~ 」とか、「喉が渇いたぁ 」とか
「睡魔が襲ってきたぁ 」 「生理現象・・・

 「そんなに止まっていたら何時になったら着くのかわからん!」
 「無事故が1番!急いでもそんなにかわりませんから・・・」

ゴールデンウィーク中は、SAもかなり混んでいます。
満車で止めるスペースが無い場合もあります。
でも、定期的に休憩は必要 

SAは高速のオアシス


最近のSAは、民間のお店も入っているので、
全体的に競争激化で、サービスが向上してきました。

コンビニや、ペット同伴の方の為にドッグランがあったりします。

我が家も、浜名湖SA、大津SA、蒜山高原SAなどで
休憩や軽い食事をとります。
あまりお腹一杯になると、必然的に瞼が閉じてくるので、30分位で出発。

サービスエリアにて休憩


今回の寄り道は・・・? 
どの経路を使いましょうか・・・?

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

宍道湖の夕陽に染まったのは・・・

水の都・松江にあって、
宍道湖の夕景は、四季を通じて美しく、
刻々と変わるその表情は見る者の心をも染めます。

宍道湖の夕陽


この日、お天気は、まずまずでしたが、
風が強くて、湖面が波立っていました。
早くから特等席に座って夕陽を見ていたこのカップルも、
少し肌寒い中、いつまでも飽きることなく座っていましたよ。

松江には、数年住んだこともあり、
折に触れ、日が落ちて照り返しが夕闇に消えるまで
飽きずに眺めていたものです。

日が沈む場所は、季節によって多少ずれます。
空気の澄み具合で、色合いも違います。
だから、何度見ても良いんです 

あっ、勿論 ひとり ですから!
こんなふうに肩寄せ合っていませんから!!



テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

出雲の旅・出西

出雲は『神話の国』とか『神々のふるさと』などと言われますが、
実際に住んでみると、今でも地名や神事にそれを感じることが出来ます。

有名なところでは、
全国的にほかの場所が神無月と言うのに対し、
出雲地方では、全国の神々を迎える月として
「神在月」と言われます。
八百万の神々が、出雲大社に集まり何やら会議 
その後、松江の北にある佐太神社に移り、
最後に旅立たれるのが、
出雲国風土記にも名前が載っているこちらの神社です。

万九千神社


「万九千神社」と書いて「まんくせんじんじゃ」と読みます。
すみません、この画像の正面は本殿の「立虫神社」で、
画像に入っていませんが、右側の合殿が万九千です。
角度が悪くて入っていません。
神在月の最後11月26日、
ここで全国に帰られる神々を見送る神事「神等去出(からさで)祭」があります。

からさで祭りについて


田んぼの真ん中にある、本当に小さな神社なんですが出雲ならでは。
地元では、「まんくせんさん」と呼んで親しまれています。
説明にもありますが、この辺りの地名は、
神様が旅立たれる地なので「神立」と書いて「かんだち」と言います。

あっ、余談ですが、
先日のお蕎麦屋さんの割り箸にあった店名「神門」。
これも「神門」と書いて「かんど」。
他にも「神西」と書いて「じんざい」と読む地名もあります。

さて、「万九千さん」を後にして、
国道9号を挟むようにあるのが、
大好きな場所、『出西窯』です。

店内1


店内でゆっくり時間を過ごします。

永六輔さんの書


永六輔さんも、こちらがお気に入りのようです。
他にも、河井寛次郎さんの書もあります。

河井寛次郎書


河井寛次郎書2


今回は、ご飯茶碗が展示販売されていたので、
「夫婦茶碗」を購入しました。
「めおと」・・・なんて良い響きなんでしょう 

店内2


出西は「シュッサイ・ブルー」として海外でも人気がありますが、
素朴で健康的な器、
くらしの道具として日常的に使えるものをコンセプトに、
値段も、とても手頃です。

出西織


また、器の他に出西織や、柳 宗理さんデザインのものもあります。

何より、此処がお気に入りなのは、
お店の方の、おもてなしの心が嬉しくて、
とても居心地が良いからなんですよ。

店内での写真撮影も快く許可していただきました。
買った商品を包んでいただく間、
好きな器で、好きな飲み物をいただきながら、
ゆったりとした時間を過ごすこともできるからなんです。

ほら、主人もこんな感じです 

ティータイム

絶品 冷やしとろろ蕎麦

連休前半に5日程休みを貰って田舎に行ってきました。

金曜日の仕事が終わってから、
土産と身の回りの物を準備して、
晩ご飯を食べて、お風呂もすませて出発したのが
まもなく日付も替わる12時前 
東名の浜名湖を過ぎた辺りで、激しい雨に見舞われ、
睡魔にも勝てず、夜が明けるまで暫し仮眠  

連休と言っても、前半は飛び石なので、
高速道路も、今までになくスムーズな走り。
気持ちに余裕ができたので、ちょっと寄り道がしたくなりました 

あっ、でも今日は、夜中の1時に戻ってきて、
少し寝てから仕事に出たので、
帰省中の話しは、後ほどということに・・・。

私の田舎は、神話の国・出雲

出雲と言えば、みなさんが思い浮かべるのは何でしょう?
「出雲って、何処よ?」って言う方も多いと思います。

出雲って、う~ん・・・・

まあ、何はともあれ、帰ったら必ず食べるのが
出雲そば
玄そばを皮ごと挽くので色は黒っぽく、
香りも豊かで、コシのある蕎麦なんですよ。

主人が食べた「割子そば」が有名なんですが、

出雲の割子蕎麦


私は、「冷やしとろろ蕎麦」をいただきました。

冷やしとろろ蕎麦


薬味をのせて、ダシのきいたつゆをかけて・・・

絶品・冷やしとろろ蕎麦


ああ~、これぞ、故郷の味です  
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。