FC2ブログ

出雲の旅・出西

出雲は『神話の国』とか『神々のふるさと』などと言われますが、
実際に住んでみると、今でも地名や神事にそれを感じることが出来ます。

有名なところでは、
全国的にほかの場所が神無月と言うのに対し、
出雲地方では、全国の神々を迎える月として
「神在月」と言われます。
八百万の神々が、出雲大社に集まり何やら会議 
その後、松江の北にある佐太神社に移り、
最後に旅立たれるのが、
出雲国風土記にも名前が載っているこちらの神社です。

万九千神社


「万九千神社」と書いて「まんくせんじんじゃ」と読みます。
すみません、この画像の正面は本殿の「立虫神社」で、
画像に入っていませんが、右側の合殿が万九千です。
角度が悪くて入っていません。
神在月の最後11月26日、
ここで全国に帰られる神々を見送る神事「神等去出(からさで)祭」があります。

からさで祭りについて


田んぼの真ん中にある、本当に小さな神社なんですが出雲ならでは。
地元では、「まんくせんさん」と呼んで親しまれています。
説明にもありますが、この辺りの地名は、
神様が旅立たれる地なので「神立」と書いて「かんだち」と言います。

あっ、余談ですが、
先日のお蕎麦屋さんの割り箸にあった店名「神門」。
これも「神門」と書いて「かんど」。
他にも「神西」と書いて「じんざい」と読む地名もあります。

さて、「万九千さん」を後にして、
国道9号を挟むようにあるのが、
大好きな場所、『出西窯』です。

店内1


店内でゆっくり時間を過ごします。

永六輔さんの書


永六輔さんも、こちらがお気に入りのようです。
他にも、河井寛次郎さんの書もあります。

河井寛次郎書


河井寛次郎書2


今回は、ご飯茶碗が展示販売されていたので、
「夫婦茶碗」を購入しました。
「めおと」・・・なんて良い響きなんでしょう 

店内2


出西は「シュッサイ・ブルー」として海外でも人気がありますが、
素朴で健康的な器、
くらしの道具として日常的に使えるものをコンセプトに、
値段も、とても手頃です。

出西織


また、器の他に出西織や、柳 宗理さんデザインのものもあります。

何より、此処がお気に入りなのは、
お店の方の、おもてなしの心が嬉しくて、
とても居心地が良いからなんですよ。

店内での写真撮影も快く許可していただきました。
買った商品を包んでいただく間、
好きな器で、好きな飲み物をいただきながら、
ゆったりとした時間を過ごすこともできるからなんです。

ほら、主人もこんな感じです 

ティータイム
スポンサーサイト



カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード