FC2ブログ

ポテトサラダへの想い

昭和ひと桁生まれの母が、子供の頃作ってくれたご飯のお供は、
お世辞にもハイカラなメニューと言えるものは無く、
和食中心の、ごくごく普通のおかずでした。

まあ、田舎にあっては、
それも珍しいことではなく、
たぶん、よそ様の食卓も、
のぞいた訳ではありませんが、同じだったと思われます。

学校給食に9年間お世話になった中には、
今でも懐かしい鯨の竜田揚げや、揚げパンなどがありますが、
今どきの学校給食のような凝ったメニューは少なかったと記憶しています。

家庭で食べ慣れていないメニューには、
正直苦戦した方なんですが、
今思い出しても、決して好き嫌いのひと言では片づけて欲しくない、
ハッキリ申しますと、美味しくなかった献立も多々ありました。

その中のひとつが、ポテトサラダ。
馬鈴薯じたいが、今のように美味しい品種でなかったかもしれません。
それに加えて、味付けが口に合わなかったせいで、
残さずに食べるのに四苦八苦・・・。
一生懸命作って下さっていた給食のおばちゃん、ごめんなさい!

こんなわけで、
結構大人になるまで、ポテトサラダに対して偏見があって、
好んで食べることがありませんでした。

ところが・・・

時は流れ、結婚して妻となり、
子の親となって、
曲がりなりにも主婦の端くれとなれば、
偏見を克服して、今や自分好みのポテトサラダに到達し、
めでたく好きなメニューにランクインするまでとなりました。

先日紹介した土井善晴さんの本にも、
「ポテトサラダの名人になってください。
 なぜなら、お料理の基本中の基本が詰まっているんです」
と作り方が紹介されていました。

庶民的な顔をしているのに、案外手間の掛かる料理で、
「粉ふきいも」「胡瓜もみ」「さらし玉ねぎ」など、
基本のオンパレード!

私、結構いい加減に作っていたかもしれません。

さらし玉ねぎは、
塩をふり、さらし布巾にくるみ、
もみ洗いをして玉ねぎのぬめりをとり、
固く絞ると、透き通ってボール状になりました。
ここまで丁寧にさらしていませんでした。

ハムの代わりにベーコンをしっかりソテーして、
レモンの絞り汁の代わりに、柚子の絞り汁を使ったところが、
ゆずのね風の味付けのポイント。

ポテトサラダ


マヨネーズと塩・コショウはお好みの量で。
混ぜすぎないことが、土井さん流の「きれいな味」を作るコツだそうです。

ポテトサラダ2

家庭料理は、臨機応変な応用ができてこそ、
それぞれのお家の味となり、
受け継がれていくものだと思っておりますが、
基本って、やっぱり大事だと、
あらためて今回も思うと同時に、
惜しみなくレシピやコツを紹介してくださる皆さまに感謝する次第です。

ポテトサラダ3
スポンサーサイト



テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード