FC2ブログ

いやぁ~ 映画って本当に・・・久しぶりでした!

昨日、凹んだ心に喝を入れたところで、
本日は、充分な栄養とビタミン剤をあげようと、
かれこれ20数年ぶりに映画館まで足を運び、
念願だった【RAILWAYS】を観てきました。

結婚して以来、映画館で観た記憶がありません。
子供の手が離れてからも、
ひとりで観に行ったりすることもなく、
どちらかと言えば、劇場の1回では物足りなくて、
何度も反芻したいタイプなので、
観たい作品がDVDになるのを待って繰り返し観る方です。

5月29日の公開前から、
これでもかって位、いろんな番組で宣伝していました。
錦織監督の3部作にあって、
これほど力を入れて宣伝された作品は、今まで無かったと思います。

故郷のローカル線が舞台だったこと、
このところ鉄分が随分上昇してきたこと、
サブタイトル「49歳で電車の運転手になった男の物語」にも引かれました。

同期の友人の工場を閉鎖・リストラするようなバリバリの企業戦士が、
故郷でひとり暮らしをしていた母親の病をきっかけに、
がむしゃらに生きて来て、家族の心が離れていく現実から、
人生にとって大切なものは何かに気づき、
子供の頃の夢だったバタデンの運転手になる決意をします。

就活に悩む娘や、自分の夢を叶え自立し微妙な夫婦間の距離に悩む妻、
いくつになっても息子を温かく見守る年老いた母、
夢破れて、自暴自棄になっていた青年。

都会の過密ダイヤで運行される電車とは、
ひと味もふた味も違うローカル線です。
安全に乗客を運ぶ使命は同じでも、流れている時間が違う気がします。

少しずつ距離が縮まってきた就活に悩む娘に、
「ゆっくりでも前に進めば良い」と言葉をかけます。
突っ走ってきた自分自身にも言っているようでした。

2本のレールが夫婦の人生なら、
家族や友人、それぞれの想いや夢を乗せて、
同じ方を向いて走っていくようにも見えます。


湖畔を走る一畑電鉄


会社の上司が言います。
電車は、運転手だけでなく、
関わっている人みんなで走らせている・・・って。
人生も同じですね。

最後に、主人公が奥さんに言うんです。
おっと、ここは映画をこれから観る方のお楽しみに・・・。


電車と田園


凹みかかった心に染み渡る映画でした。
うちにも、まさに同じ故郷に暮らす両親がいます。
主人公と同じ年代の主人、そして私。
厳しい就活状況の中、自分の夢を追いかけている子供達。
重なる部分が多すぎて、
懐かしい故郷の映像とストーリーが、
スクリーンから電車の音と共に降り注いできました。


RAILWAYS

スポンサーサイト



テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード