FC2ブログ

尾瀬への一歩

尾瀬への入り口は何ヶ所もありますが、
ビギナーの私達は、
最も多くの入山者が利用する、
鳩待峠ルートから入ることにしました。

私達が訪れた日は、
鳩待峠まで、マイカーで行くことができました。
土日や水芭蕉の咲く頃などは、通行規制がかかり、
手前の戸倉に止めて、バスやタクシーに乗り合わせて峠まで行くことになります。
ちなみに、戸倉では、駐車場代が一日1000円、
戸倉~鳩待峠のバスかタクシーは片道900円、
夫婦で往復すると、合計4600円になります。
鳩待峠の駐車場代は一日2500円(一泊二日なら3500円)と、
高いようですが、はるかにお得なんです。

夜が明け始めた頃、駐車場に着いて、
6時半、いよいよ入山開始!


鳩待峠をスタート


緊張感と意気込みの程が、握った手から感じられますね~。

気合いを入れてスタートすると、いきなり下りです。


鳩待峠・尾瀬の入り口

鳩待峠 ・下り


前日の雨に濡れた木道を、沢の音を聞きつつ、
滑らないように気をつけながら下っていきます。


山の鼻にて

山の鼻から牛首へ



山の鼻から、広い尾瀬ヶ原のウォークは、
木道を歩きながら景色を楽しみ、
立ち止まって写真を撮りながら休憩しつつ進みます。


ヨッピ橋に向かって


山の鼻から牛首分岐、ヨッピ橋方面へと、
参考にしたコースガイドの時間通りに歩きました。
途中、夏休みの野外活動でしょうか、
高校生の集団とすれ違いました。
総勢200名以上のご一行は、
前の晩、下田代の山小屋で泊まったらしく、
何班にも分かれ、次々とやってきて、元気に挨拶していきます。
「若いって、いいね~」


牛首分岐にて


尾瀬は、いろんな年代の方々が訪れ、
それぞれが自然の中に身を置き、
何かを感じ、思い出として持ち帰るところのようです。
若者たち、親子連れ、若いカップル、昔若かったカップル、
男性または女性のひとり旅・・・
木道という限られたコースを歩くので、
自然観察と共に、人とのふれあいも面白いものです。


ヨッピ橋にて

ヨッピ橋にて 2


そんなことを考えながら歩いて、ヨッピ橋に到着しました。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード