FC2ブログ

知っているようで知らなかった大菩薩峠 前編

山梨県の北東部、甲州市塩山から入ること(車で)40分、
登山口から歩くと大変だけど、
無料の駐車場がある上日川峠まで車を利用すれば、
日帰りハイキングも可能で、初心者向け、日本百名山とくれば、
行かないわけにはいきません(^^)v

実は、この山は初めてなんですが、
初めてではない・・・

何年か前、主人が同僚と一緒に、
大菩薩峠マラソンに参加した際、
応援かたがた、(実は美味しい桃を目当てに)数回行ったことがありました。
私は子供と一緒に、のんびりとスタート地点で待っていたのですが、
ランナーは、信じられないことに、
ゴールの大菩薩峠まで走って登るという・・・
何が嬉しくて、こんな過酷なマラソンに参加するのでしょう。
そう言えば、目の前に見える富士山でも、
毎年、富士登山駅伝があって、
走って登り、走って下りてくるんですよね。
まだ一回も登ったことがない私には、
考えられない超人ランナーさんとしか言えません。

今回は、その記憶と感動を思い出す為の山行きでもありました。

前置きが長くなりました。
上日川峠のロッジ長兵衛に車を止めて、出発したのが8時前。


上日川峠にて 
今回のコースは、登山口の看板にあるように、
もっとも一般的なルートで、
上日川峠から唐松尾根を通って雷岩→大菩薩嶺、
引き返して稜線づたいに大菩薩峠を経て、
富士見平をまわり、スタートの上日川峠まで戻りました。


大菩薩登山ルート 


雷岩までは、両脇に熊笹がせまる木立の中を歩きます。
少し紅葉した木々を見ながら、スタートして1時間のところで、
小腹がすいた為おにぎりタイム!
朝ご飯を食べたのは、早朝の4時でしたから(^^);


おにぎりタイム


山でいただくおにぎりは最高!
中には、南高梅を入れてきました!!
小休止をして元気が出たら、雷岩までいっきに登ります。


小休止 そこのおじさん何してるの?


唐松尾根から、だんだん明るくなって視界がひらけると、
急なガレ場が少し続き、雷岩がまもなくとい頃、
振り返ると雲間から甲府の街がみえてきました。


甲府の街が見えた!


雷岩に着いたら富士山が見える・・・はずでした。

生憎、遠くの山は雲に隠れていたので、
富士山も南アルプスも見えませんでしたが、
ここからの眺めを楽しみながらコーヒータイム。


雷岩でコーヒータイム


標高は、すでに2000メートル位なので、
温かいコーヒーと甘い物は、疲労回復に最適 


大菩薩嶺まで10分


ここから最高地点までは10分ほどで着きますが、
木立に囲まれているので、眺めは良くありません。


大菩薩嶺


先ほどの雷岩まで引き返し、
いよいよ、大菩薩の最大の魅力、峠へと連なる稜線を歩きます。


大菩薩嶺まで10分 その2

この続きは、また明日 
スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード