FC2ブログ

見えてきた!あれが大菩薩峠! 後編

雷岩を後にして、稜線を歩く気持ち良さ。

大菩薩の稜線にて

絵になるような若い二人が歩いていました。


大菩薩の稜線にて 2


何度も立ち止まって感動をカメラに収めようとするので、
前方を歩く隊長から「後方の一名、遅れてるぞ!」と檄を飛ばされました。


大菩薩の稜線にて 3


大菩薩の稜線にて 4


左手の東京側からは、雲が湧き上がって何も見えませんが、
山梨側は光が差し、少し色づきはじめた山肌がとても綺麗に見えました。


大菩薩の稜線にて 2000M地点


2002年に、皇太子様と雅子様も登られて、
ここで記念に撮られた写真を、麓の温泉で見ました。


大菩薩の稜線にて 5


「隊長~ 待ってください!」
前方に見える小屋は、賽の河原の避難小屋のようです。


大菩薩の稜線にて 賽の河原


ここを更に越えていくと、
何年か前、走って登った大菩薩峠マラソンのゴール地点でもある峠です。


大菩薩の稜線にて 峠が見えてきた!


マラソンのコースとは違うルートで登ってきた私たちは、
ここで早めのお昼ご飯をとり、
主人にとっては思い出の地で、記念撮影をすることに。


大菩薩峠にて記念撮影



10秒にセットしたセルフタイマーに間に合わず、
クールにきめている主人に対して、ずっこけ気味のゆずのね。
これもまた思い出のひとコマ。

この後、実際にマラソンコースで登ったという道を使って下山。
全行程4時間半の山歩きでした。
上日川峠から車で下りてほどなく、
本当の登山口の近くに大菩薩の湯があります。
3時間までなら市外者は600円で入れる立ち寄り湯。
とても気持ちが良く、足の疲れを癒し、
休憩室で少し仮眠を取り、夕方の5時には塩山を後にしました。

ところで、最後になりましたが、
みなさん、大菩薩峠という長編時代小説があるのをご存じですか?
あまりに長編過ぎて、私も主人も読んでいません。
スポンサーサイト



テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード