スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツゴー 大山!後編 (16丁目から頂上、そして見晴台へ)

山男と山ガール二人の大山行きは、
スタート時の振り向き写真でもお分かりのように、
気力体力共に違うメンバー3人でしたから、
かたや余裕のよっちゃんが居るかと思えば、
最後尾から、ひ~ひ~言いながらついて行くのがやっとの者まで。
それでも、ひとりより二人、ふたりより三人の方が楽しいことは確か。

16丁目で休憩した後は、頂上までノンストップでゴーゴー!

・・・かと思ったら、
急に視界が開け、富士見台という場所に着いたとき、


目の前に現れた富士山


おお~、雪をかぶった富士山が、
「頑張れ-!」と駿河の国からエールを送ってくれました。
富士山をバックに記念写真を撮ったりしてタイムロス・・・
「いつも富士山を見ているのに、そこまで、はしゃぐか?」と、
不思議顔のリーダーはほっといて、しばし霊峰富士に見とれました。


山頂に向かって・・・3


さあ、本当に山頂を目指して出発!


山頂に向かって・・・まもなく本宮(山頂)


記念撮影などありましたが、
予定通り、下社から90分で山頂に到着。
時間は、少し早いけどお昼時。
お湯を沸かし、温かいものと一緒に頬張るおにぎりのなんと美味しいこと!


山頂からの眺め


小一時間お昼休憩したり、山頂からの眺めを楽しんだ後、
登ってきたコースと違う、雷ノ峰尾根を下り、いっきに見晴台まで。


下りは見晴らし台方面へ


開けた場所に、テーブルとベンチが沢山あって、
多くのハイカーが眼下の眺めを楽しみながら休憩していました。
勿論、私たちも。


見晴らし台にて


見晴らし台にて休憩


振り返れば、たったいま下りて来た尾根の先に山頂がみえました。
登ってきたコースは石段が多かったのに対し、
丸太の階段で、段差があって、
山ガール二人は、かなり膝に衝撃をうけ、
「ひざが笑う」・・・この表現を久しぶりに体験しました。
下りながら、登ってくる人達とたくさんすれ違いましたが、
見晴台から山頂を眺めたら、はるか高峰に見えるので、
下りに使ったのは正解だったと思いました。


見晴らしから下社へ


見晴台から、二重の滝を見ながら
大山阿夫利神社下社までは、高低差が少なく30分ほどのらくらくコース。


見晴らしから下社へ 2


下社から、山ガールふたりは、登ってきた女坂を下り、
山男は、男坂の急な階段を体験するため、
ふたてに分かれて下山。
結局、ケーブルの駅がある合流地点で、
20分も先に着いて待っていたのは山男。

こうして三人の大山登山チームは、15時半に、
無事駐車場まで戻ってきました。

車種と年式の違う車が、一緒に登った大山・・・
高性能の足回りでパワフルに登る山男 
かろやかに長い足で楽しそうに登る新しい年式の山ガール 
短い足で、年式が古く燃費も悪い山女子 
それぞれに満足感を味わい、楽しかった大山。
とても良い山でした。
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

朋あり遠方より来たる また楽しからずや

一段と冷え込んだ今朝・・・本日は、
富士山が、にこやかにその姿を見せてある方をお迎えします。

今日は、いつもブログを通じて仲良くさせていただいているumeさんが、
お友達と、うちの(もとい)我が社のイルミを楽しまれる為、
レディースプランにてイルミ&温泉&お泊まり。
 
秩父宮記念公園にて


偶然、私の休みと重なったのは、神様の優しいお心遣いかも(^^)
ホテルでお迎えして、お昼ご飯を一緒に摂った後、
富士山麓のすすき野原や、乙女峠中腹からの富士山、
紅葉の美しい秩父宮記念公園などを案内しました。

秩父宮記念公園にて 2

秩父宮記念公園にて 3


umeさんとは、金時山に登ったブログ記事をきっかけに繋がったご縁。
ブログでお付き合いのある方との対面は、
いつもドキドキ&わくわくものです。

半日のご案内でしたが、何よりの強い味方である富士山のご機嫌宜しく、
深まりゆく山麓の秋を見ていただくことができ、
2010年のイルミネーションにも包まれて、
楽しんでもらえたなら幸いです。


秩父宮記念公園の紅葉 

テーマ : 今日のしあわせ
ジャンル : 日記

山男と山ガール二人、レッツゴー大山!

日ごとに深まる秋・・・
富士山が、また白くなったので、
山の紅葉を楽しむなら、そろそろラストチャンス。

お隣の神奈川なんですが、
家から車で1時間位かなぁ・・・
(朝の通勤時間帯だったので、もう少しかかりましたが)
以前から、主人が「行こう!」と言っていた大山へ、
例によって、定休日(水)に登ってきました。


レッツゴー大山!


今回は、ゆず友でお馴染みの元パン工房スタッフも一緒です。
山ガール雑誌【ランドネ】を愛読する彼女は、
なんと、私が登ったことのない富士山を既に経験済みのランドネーゼ。
しかも、私よりひと回り以上若い(*^_^*)。

土日なら、駐車場に並ぶ車の列ができるところ、
平日の早朝とあって、参道の近くに止めることができ、いざ出発!

15分ほどお店の開いていない参道を歩き、
今回はケーブルカーを使わないで頑張ろう!ということになっていたので、
比較的楽な女坂の方から上を目指します。


大山・らくらく女坂

女坂を登る山女子二人・・・

追分社へ


程なく追分社につき、


女坂を登る山女子と山男


下りて来た人の「登るなら女坂だよ」っていう確信のあるお言葉に従い、
女坂七不思議を楽しみながら大山寺まで20分。


女坂を登る山女子・・・


「わぁ~ 京都に来たみたい」
山女子ふたり、ここまでは観光気分。


大山寺の紅葉


下社に向かう前に、朝から初のコーヒータイムで、
甘い物を補給しながら、暫し紅葉を楽しみました。


大山寺の紅葉 2


下社に向かって・・・


石段を登り、20分程で阿夫利神社下社に到着。


下社からの眺め


ここからの眺めだけでも素晴らしかったのですが、
更なる高みを目指して・・・、
おっと、その前に、大山と言えば名水!


大山名水


登山の安全と無事を祈り、
お水を飲んで、いざ登山道へ!


山頂に向かって・・・いきなり階段!


い、いきなり壁のような石段から始まりました。


山頂に向かって・・・いきなり階段!2


見上げても、見下ろしても、止まると足がすくみます。
写真なんて撮っている場合じゃありません(^^);


山頂に向かって・・・何丁目? 


どんどん山男(リーダー)が進んでいく後を、
山女子ふたりもついて登ります。
途中、『○丁目』と、登るごとに目印があり励まされます。


山頂に向かって・・・2 


でも、頂上は、いったい何丁目なのか誰も知りません。
確か地図では26丁目位まであったような・・・

 「隊長!何丁目まで登ったら休憩ですか?」
 「16丁目あたりかなぁ!?」

ベンチのあるところ発見!!


16丁目で休憩タイム


山男と山女子の大山登山は、続きます・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

岩盤浴ねこ

良いお天気が続いていましたが、
週明けの月曜日は雨となりました、お休みなのに・・・。

いいんです・・・、
雨の方が、開き直ってゆっくりできますから(^^);
そうは言っても、
家事を済ませて、買い物や銀行などの用事も休みの日にと、
雨の中、出掛けて戻れば、もうこんな時間。
久しぶりにゆっくりお昼寝でもしようと思っていたのに、
ひと息ついたら、晩ご飯の支度にとりかからなければ。

先日行った大涌谷で見かけた猫ちゃんなんですが、

大涌谷にて


おじさんお兄さんが名物の黒たまごを一生懸命茹でている傍らで、
大勢の観光客に声を掛けられようが、
「こっち向いて~」ってリクエストされようが、
吾関せずを決めこみじっと伏せっていました。

寒いから動きたくないのかしら・・・?

いやいや、もしかして・・・


大涌谷にて 2


地面をそっと触ってみたら、天然の岩盤浴状態でした!
賢いなぁ~ この子は。
お腹がぬくぬくで気持ち良いことでしょう。


抹茶ラテ


私たちも山から下りて、
帰りに温かい飲み物をいただきながら、
プチお疲れさん会をしました。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

箱根の秋を歩く

我が家が裏山(^^)と称している箱根は、
国内はもとより、海外からの観光客にも人気の観光地。
この時期は、箱根も色づき、
深まりゆく秋を満喫できるスポットがいっぱい!
温泉と紅葉を楽しみ、しみじみと日本の四季を愛でるには最高です。

先日(17日)、生憎のお天気だったので、
好例となった水曜の日帰り山行きを中止して、
今にも降りだしてきそうなあやしい空模様のもと、
場所を近くに変更し、箱根の大涌谷自然探勝歩道を散策してきました。


姥子駅


桃源台から湖尻水門への湖畔も、紅葉を楽しめるのですが、
山気分を味わうなら大涌谷までの自然探勝歩道がオススメです。


姥子から大涌谷へ


ロープウェイの姥子駅にある無料駐車場に車を止めて、
色づく木々を見ながら30分も歩けば大涌谷です。


姥子から大涌谷へ 2


落ち葉で敷きつめられた歩道は整備されているし、
上を見上げればロープウェイがのんびり行き来するのが見えて、
山登りというよりハイキング気分。


姥子から大涌谷へ 3


先日の高尾山行きで山好きとわかったご近所のNさんと、
お喋りしながら、いつもと違う和やかなウォークになりました。


お楽しみ、お昼ご飯


大涌谷といえば、黒たまご!
お昼ご飯にと温かいラーメンを作り、卵をトッピングしました。
う~ん、茹でたてを1個とトッピングで1個、
1個につき7年寿命が延びるから・・・14年(^^)v


大涌谷自然探勝歩道


生憎の天気で富士山は見えませんでしたが、
パラパラと少し雨が降った位で、
翌日に疲れが残らない、程良い山歩きになりました。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

富士山も薄化粧

季節は晩秋から初冬へ・・・
確か、16日にアップした時、
「立冬を過ぎたのに、
 今年はまだ、富士山に積もる雪が山頂にうっすら・・・」
なんて言ったせいか、
その後、雹が降ったりした日もあって、
急に冷え込んで、あっと言う間に随分下の方まで白くなりました。

寒くなって、早起きが辛くなり、
(正確には、起きれるけど、布団から出たくない^^;)
朝も忙しなく仕事に出掛け、帰る頃には日が暮れてしまい、
白くなった富士山の写真も撮れないでいます。

昨日今日と、日中は穏やかな小春日和となり、
ゆく秋を惜しむにはもってこいのお天気ですが、
生憎 幸いなことに仕事に励んでいます。
休憩時間に、小高い場所(通称ありがた山)に登り、
積もった雪が溶け始め、まだら模様になった富士山ですが、
写真におさめてきました。


薄化粧の富士山


今はまだ、降って積もった雪も、
こうして少し溶けては、ゆく秋を惜しむように薄化粧。


薄化粧の富士山 2

もう少し秋を楽しんでいたいなぁ・・・。

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

てっぱんごっこ

ゲゲゲに続いて、朝ドラの【てっぱん】にはまっています。

朝は、(休みの日以外)仕事で見られませんから、
夜の再放送のお世話になっています・・・夜ドラ(^^)?

このドラマは、フードコーディネートが素敵で、
食べ物のシーンを見るのも楽しみのひとつです。

今日のシーンにも出てきた『尾道焼き』
広島で食べたお好み焼きに、見た目は似ていますが、
本場・尾道で、尾道焼きを食べたことがない為、
その違いが、いまひとつわかりません。

でも、なんとなく再現してみました・・・


尾道焼きもどき


生地の間にキャベツともやしをたっぷり入れて、
蒸し麺といか天、最後に薄く焼いた卵をのせて完成!
おお~ ぶちうま!!

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

秋の日はつるべ落とし

立冬を過ぎたのに、
今年はまだ、富士山に積もる雪が山頂にうっすら・・・
誰かさんの頭頂部も、五十路を越えてうっすら(^^);

先日の石川遼君が劇的な優勝で終わった住友VISAマスターズが開催される頃は、
例年、富士山が綺麗に雪化粧して、
麓に住んでいる私たちでも、
手入れされた芝生のグリーン越しに見る富士山に感動します。

今年の冬はどうなんでしょう。
偏西風が南に蛇行して寒気が入りやすく、
12月は気温が低くなるという予報を耳にしました。
温暖化や海流の影響などもあるのでしょう。
地元の人の話では、昔は麓でも今より雪が降ったと聞きます。


秋の日はつるべ落とし


晩秋から初冬へ・・・
日が暮れるのも早くなりました。
仕事帰りには、もう暗くなり、
夕餉の支度が進む家々から、良い香りが漂うなか家路を急ぎます。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

始まったばかり

昔から、遠足や発表会というと、
前の晩からアドレナリンが多く放出されるせいか、
起こされなくても早く目が覚めたりしたものです。

でも、緊張感は、そんなに長く続くものではありません。
人間の体は、緊張と弛緩の繰り返し。
どちらかに偏りすぎては息切れしたりだらけたり・・・。
バランスが大事ってことですね。

そんなこと今更言うまでもないことなんですが、
毎年のことながら、イルミネーションが始まると、
エンジン全開で、朝から製造はフル回転で飛ばします。
12日の金曜日に点灯式があって、はじめての週末・・・
まだ、多少余力があります、今のところ(^^);

年が明けて、少し落ち着き、
早咲きの桜が咲く頃まで、先は長い。


イルミ、始まったばかり・・・


忙しさを楽しみながら、
息切れしないよう頑張ろうっと(^^)/

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

今季の山行きも、そろそろ終盤に

この夏の富士登山者数が、過去最高で32万人を越えたそうです。
麓から眺めるばかりで、未だに登ったことがない私・・・
「まわりから攻めて、本命は後にとっておくのさ!」なんて、
負け惜しみでもいいから、言ってみたい(^^);

気温も低くなり、紅葉が山から里へと下りてくれば、
そろそろ今季の山行きも終わりでしょうね。
冬山に登ってみたいなんて、これっぽっちも思っていませんから。
先週は、やはり富士山と並んで、
日々目の前にしている愛鷹山系のひとつ越前岳に登ってきました。


愛鷹(越前岳)登山



駐車場からの標高差は700m足らずで、
ゆっくり登っても2時間ほどで頂上に着きます。

見晴らしからの眺め



富士山を背に登るので、
振り返ると、後ろにどっか~んと鎮座した姿に後押しされる気分です。


馬の背


雪を被った南アルプスの山々も遠くに見えています。


越前岳の山頂


頂上は、それほど広くないけど、見晴らしは最高です。


山頂からの眺め


駿河湾が弓なりに広がり、
左手からは、伊豆半島が伸びているのがわかりますか?
(雲の下にうっすらと見えているのは、伊豆半島です)
ここから、さらに尾根づたいに進むこともできますが、
この日は、ここでひと休みして引き返しました。

今季は、あと何回位行けるかなぁ・・・
本日、いよいよイルミの点灯式があり、
これから忙しくなるので、
日帰りとはいえ、体力的に辛いかも。
それにしても、自分としては、
「山登りなんて、この歳になって無理 ^^;」って思っていたのに、
夏に主人が単身赴任から戻ってきて以来、
結構頑張って登っていると、自分で自分をひそかに褒めています。

山行きが多くなってから、ブログでコメントしたりする際、
「○○さん、・・・」って入れようとすると、
「○○山」と変換されてしまい、
お相撲さんみたい(^^)と、ひとりで笑っています。

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

遼君、やっぱり人気者でした!

富士山麓には、ゴルフ場が沢山あります。
年に何度か大会がある中で一番BIGなのが、
明日から開催される三井住友VISA太平洋マスターズ。

明日からの予選の前に、
プロ・アマチャリティーゴルフの招待券をいただいたので、
(我が家の)定休日ということもあって、
朝から気合いを入れて観戦に行ってまいりました。

石田純一さん、神田正輝さんなど、
ハンディーがシングルの方から、華やかな女性陣までが、
プロと一緒にまわる本日のイベントは、
毎年楽しみにしている方が多いようです。

何故なら・・・

この日は、カメラ撮影がOKなんです。
明日からの予選・本選は、勿論カメラ禁止ですから、
今日は、殆どの方がカメラを持って、お目当ての選手を追っかけていました。

私も、時々主人と一緒に、ギャラリーとしてゴルフ観戦します。
本日のお目当ては、何と言っても・・・


本日のウエアーはピンク


石川遼君でした。

風も穏やかで、富士山をバックに回るコースは、
歩いていても気持ち良かったです。


遼君、人気者!


さすが男子ゴルフ界のスーパースター!
沢山のギャラリーを引き連れて、どこに行っても人気者。
チャリティーゴルフとはいえ、
和気あいあいの中にも、スターとして常に注目を浴びること必至。
その辺も、きっと大変なのでしょう。


遼君のパーティーは豪華


遼君と一緒に回ったメンバーは、
桑田真澄さん、花田勝さん(元横綱若乃花)、杉山愛さんでした。
ゴルフ、野球、相撲、テニス・・・豪華なアスリート達。
桑田さんは、ゴルフがお上手と聞いていましたが、
杉山愛さんが、思いのほか上手くて、
ラケットとクラブの違いはあっても、
ボールを面でとらえるセンスは共通なんでしょうね。


片山晋呉さんと一緒に


プロ同士、明日からはライバルでも、
こんなシーンは、どこか和みます。


頂に少しだけ雪を被った富士山が一日中見えて、
コース内の木々も色づきはじめ、
陽差しがある日中は、とても気持ち良かったです。
途中、随分ショートカットしながら回った私ですら、
本日の歩数は、軽く1万歩を越えました。
選手のみなさんは、4日間だからコースを4周。
毎週末どこかで大会があるわけですから、
ゴルフって、見た目以上にハードなスポーツなんですね。


本日の最接近


肩を触れそうな位近くを通った遼君・・・
お疲れ様! お母さんは応援してますよ(^^)/

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

つわぶきの咲く頃

ウォーキングの途中で見かける花も、
秋から初冬へと移り変わってきました。

日陰の石と木の根元にひっそりと咲くツワブキ。


つわぶきの咲く頃


ふきの葉に似ていて、
肉厚で艶のある葉は、とても深い緑色で、
そこから花茎を伸ばして黄色い花をつける姿に、
どこか謙虚な和の女性をイメージしてしまいます。
俳句では、初冬の季語だそうで、
折しも、暦の上では本日、立冬・・・

ご存じの方も多いと思いますが、
遠いむかし、かの地に住み着いた人が、
群生するきれいなつわぶきに目を止め、
自分たちの住む里を、つわぶきの生い茂る野・・・つわぶきの野、
そこから津和野と呼ぶようになったと言われています。

若い頃(ちょっと前・・・すみません、かなり前でした^^;)
津和野を何度か訪れたことがあります。
同じ山陰でありながら、東と西で距離がありましたし、
城址から眺める朝霧に包まれた街の風景を見たくて、
泊まりがけで出掛けたこともあります。

秋は掘庭園や城址の紅葉が、とても美しく、
城址からの眺めは、自然の箱庭のようで、
思えば当時からSLを見て鉄分補給(?)もしていました。

今のようにデジカメの時代ではありませんが、
写真は、その頃から好きでした。
ツワブキの花を見たら、懐かしくなったので、
こっそり昔のアルバムを引っ張り出して、
あの頃を覗いてみたくなりました。

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

富士山麓の秋といえば・・・

お天気の良い日が続いています。
仕事をしてても、
「外は気持ち良さそうだなぁ~」って、
窓の外からの誘惑に負けそうになります。
このところ富士山もご機嫌宜しく、
その美しいお姿を連日見せつけてくれるものですから、
ますます、誘惑に拍車が掛かります。

富士山麓も、ただ今、秋まっ盛り!


すすき野原の道



箱根・仙石原のすすき野原も有名ですが、
それ以上に広大なすすき野原が、
富士山麓には惜しげもなく(?)広がっています。
上の写真、正確には富士山麓の横、
愛鷹にあるススキ野原なんですが、
道路のすぐ脇なので、写真におさめてきました。

お休みの日も、天気が良ければやることがいっぱい!
掃除洗濯は言うに及ばず、
布団を干したり、
年末の大掃除を少しでも軽くできないかと、
暇を見つけては、今から少しずつ始め、
要らない物なども処分してスッキリしようとしています。
冬に向けて、狭いながらも庭の手入れ。
この時期のガーデニングは、夏の草取りを思えば夢のよう(*^_^*)

日暮れが早くなったので、
その前に、30分程歩いてきましたが、
ひんやりした空気が心地よく、
西の空が変わる様子を見ながら、
つるべ落としの夕陽に、今日も一日お疲れ様と挨拶。

お風呂に入って一日の疲れを癒し、
お日様の匂いのするふかふかの布団に包まれたら、
朝までぐっすり眠れます。
昼間見たススキ野原が、まるでフワフワの羽毛みたいで、
夢の中に出てきそう・・・なんて思った秋の一日。


ふかふかの羽毛布団みたい(^^)




テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

空き瓶にいっぱい詰まった想い

これぞ秋!という、とびっきりのお天気でした。
その分、朝は、うんと冷え込んで、
今季初のOMソーラーが作動しました。
夏にはうんざりしていたのに、
お日様が恋しい時季が来るとは・・・

年賀状の販売が始まって、
ちらちらと年末年始が見えてきて、
残り少ないカレンダーに淋しさと焦りを感じています。

年末年始もそうですが、
その前に、クリスマスがあるわけで、
パティスリーで働く我が家の娘達にとっては、
1年で最も忙しい季節が目の前にやってきています。

自宅から通勤している姫2は、
ハロウインが終わった日、売り場の飾りを撤収する前に、
スタッフみんなで記念写真を撮ったと見せてくれました。

一方、やっと涼しくなった大阪で働く姫1から、
嬉しいGIFTが届きました。
お店で使っているキルシュの入ってくる瓶。
とてもお洒落で保存に最適なのに、
何かに再利用するでもなく捨てられるそうで、
以前から、空いて、頂けるものなら・・とお願いしていたら、
焼き菓子を買って、瓶いっぱいに詰めて送ってくれました。


姫1からのGIFT


少ないスタッフで、やるべき作業をこなしていき、
気付いたら1日が終わっているといった感じ・・・
自分にはこれくらい忙しいのがいいなぁと思っております・・・
と手紙にありました。

今年は、イヴが金曜日なんですよね。
きっとイヴどころではない忙しさになるでしょう。

おっと、他人事ではありませんでした。
私の職場のイルミネーションも、来週末から始まります。
イルミは屋外なので、お天気にも左右されますが、
一年で一番忙しい時期がやってきます。

どっかの政治家さんみたいに粛々と・・・とはいきません。
工房内は、朝から晩まで、戦場のような忙しさになります。
今は、その前に英気を養う時・・・。
ありがたく、娘の作った焼き菓子を味わいながら、
秋のひとときを過ごすことにしましょう。





テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

大胆にも八ヶ岳に挑む

このところ足繁く山に通っています。
山と言っても高尾山のような低山から、
いつも見慣れている目の前の富士山まで、
登山・山歩きのレベルには、初級、中級、上級と、
いろいろあること位は充分わかっているつもりでした。

図書館で何冊も、山の本を借りてきて、
日帰りで、あくまでも私のレベルに合わせ、
主人と登れる山・・・

 「八ヶ岳なんて無理かしら・・・・」小さな声で呟いてみました。

 「ゆっくり登れば、ある程度の高さまでなら行けるやろ・・・」

山麓周辺は、度々訪れていますが、
眺めるばかりで、まさか登ってみようなんて大胆なこと



しちゃいました(^^);
それも、先日のう~んと冷え込んだ日(北海道あたりで雪が降った時)に。

大好きでよく訪れる八ヶ岳倶楽部の前を通過して、
高原ラインを横切り、天女山入口に向かいます。
そこには駐車場があって、観光バスも止まってたりします。
車が無ければ、小海線の甲斐大泉駅から天女山まで、
かなり歩かなければならず大変なんですけどね。

平日の朝7時・・・駐車場は、まだ、がらがら。
迎えてくれたのは、抜けるような青く高い空と名残の月。


八ヶ岳と名残の月



いざ、準備運動をして身支度を調え、
目指すは、権現岳の手前、三ツ頭。


八ヶ岳に挑戦


目指すは、権現岳・・・の手前


駐車場から出発して20分位で、天の河原という見晴らしの良い場所に着きます。


天の河原を目指して

天の河原


この日は、かなり冷え込んだので、
霜柱をバリバリ踏みしめながら歩きました。


霜柱がいっぱい!


天の河原からの眺めだけでも、充分感動します。


天の河原からの眺め


ここまでは、駐車場からすぐ近くなので誰でも上ってこられます。
これからでした・・・八ヶ岳の雄大さを身をもって体感したのは・・・


三ツ頭をめざして 2

三ツ頭をめざして 4

三ツ頭をめざして 標高2000M地点


2000Mを過ぎて、登山道も狭く&険しくなってきたのに、
ほどよい休憩地点がなく、
岩がゴロゴロしていて少しひらけた場所で小休止。


まだぁ?

もうちょっとだ!

三ツ頭をめざして 小休止


富士山が遠くに見えているのが判りますか?
この絶景を眺めながら、温かい飲み物と甘い物で少し復活。
更に、三ツ頭を目指して上へと進みます。
ますます険しくなる登山道・・・
すれ違う人もなく、ひたすら一歩一歩足を進めるしかありません。
こういう時、初めての場所では、
あとどの位で目標地点に辿り着くのかもわからず、
ただただ余計なことは考えないでひたすら上を目指します。
無心になれるというのか、
なぜこんなきつい思いをしてまで・・・
家でのんびりしていた方がよかった・・・
そんな思いがかすめないわけではありませんが、
辿り着いた時の達成感も含めて、目指すもの(場所)があるって、
不思議とどこからか力が湧いてきます。

木立の上がひらけ空が広がったところは、
目標地点の三ツ頭の手前、前三ツ頭でした。


前三ツ頭にて


時計は11時、駐車場から登り始めて、約3時間。
目安となる時間より、すこし遅れていました。
ここから三ツ頭までは、もう50分。
下り(帰り)の時間を考えて、主人がこの日はここで早めのお昼とし、
三ツ頭まで行かず12時には下ることとなりました。


前三ツ頭からの眺め


足元が竦むような高さでした。
いつも下から眺めているばかりだった八ヶ岳に、
自分が登っていることが信じられません。
立ち止まって休んでいると、体が冷えましたが、
温かいものを作って、持参したおにぎりを頬張りながら、
とても満たされた気持ちになりました。


前三ツ頭から三ツ頭を臨む


目の前の三ツ頭(標高2580M)、
更にその向こうに権現岳(標高2715M)があって、
右の奥に見えている尖った山が八ヶ岳の最高峰・赤岳(標高2899M)です。
いつかまた、もう少し足腰を鍛えて、
あの頂にも立ってみたいものです。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

薄化粧の富士山

真夜中の激しい雷雨は、夢うつつになんとなく覚えていますが、
先日の季節はずれな台風よりもひどかったようで、
道路を落ち葉や小枝で敷きつめてくれました。
朝からひと仕事の落ち葉掃き・・・。

午前中は、パッとしなかったお天気も、
仕事から帰る頃になってやっと青空が広がりました。

もしかして・・・

やっぱり少し富士山の頭が白くなっていました!


ありがた山に登ってみよう


雲が少しかかっているので、判りづらいかと思いますが、
ほんの少し、薄化粧したようです。


富士山がうっすらと雪をかぶってる


職場の裏山に上ってみると、
手前が第2東名、麓はススキ野原が広がって、
ひさしぶりにスッキリと見渡せました。


ありがた山にて


このあたりの紅葉は、まだ葉先が少し色づいた程度で、
富士山の薄化粧に仲良く合わせたようです。

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。