FC2ブログ

甲斐駒ヶ岳 後編とおまけ

登りは、北沢峠から双児山(ふたごやま)~駒津峰~山頂のルートで3時間。
たしかマップの目安では4時間30分だったはず。

下り(帰り)は、駒津峰まで下り、


仙水峠に向けて下山


途中、何度も振り返って山頂を仰ぎ見るのですが・・・


何度も振り返りつつ・・・


仙水峠に着く前にガスが一瞬とれて、
ついに甲斐駒が姿を現しました。


ついに甲斐駒とご対面!


まるで頑張って登ったご褒美のように微笑んでいます。

その後、


仙水峠分岐


仙水峠下


駒津峰から仙水峠を経由するコースで3時間のところ、
2時間半で北沢長衛小屋に戻ってきました。


北沢長衛小屋


遙かなる憧れの山・甲斐駒ヶ岳は、
ヨーロッパアルプスのような山姿で、
山梨・長野方面に出掛ける度、素敵な山だなぁと思っていました。

でも、実際登るとなると、
北沢峠からでも標高差が約1000mあり、
要所に目の眩むような岩場があって、
日帰り登山が可能な山と言っても、
決して容易な山ではない・・・
いえいえ、容易どころか、
本やパソコンで調べれば調べるほど、
軟弱山女子にはハードルが高すぎると思いました。

 「一緒に登ろう!」
 「え~っと、バスに間に合うように帰って来れる自信が無いです、私・・・」

ということで、実は甲斐駒まで登ってきたのは、 ひとりでした。
往復8時間のコースを5時間半で下りてくる超人には、
とてもついて行けるはずもなく、
むしろ足手まといになること必至だったので、
丁寧に辞退させていただいた次第です。

でも、早朝、山男を乗せたバスを見送ってから、
下山して又駐車場まで戻ってくるまで、
私に与えられた時間は9時間。
それなりに充実した時を過ごしておりましたです、はい 
スポンサーサイト



テーマ : 山の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード