FC2ブログ

おまけの夜叉神峠

私にはハードルが高すぎる2000~3000M級の山は、
「臨場感あふれる写真をしっかり撮ってきてね」と、
カモシカ登山の山男におまかせして、
私はと言えば、車を止めた駐車場から登山口がある、
鳳凰三山・・・もとへ、
夜叉神峠まで片道1時間の低山ハイクをすることにしました。


夜叉神峠 登山口


山男の乗ったバスを見送って後すぐ、
私も荷物を背負って出発(5時50分)!


登り始めだけ少し急坂・・・


私の前に、私よりスローペースで登る男性がいて、
追いつきそうになりながらも間を取って、ゆっくりゆっくり登ります。


朝陽を背中に浴びながら、ゆっくりゆっくり


カラマツ林やミズナラやブナなどの自然林の間をジグザク。


九十九折りの道を登る


「ああ、こんなスローペースでも良いんだぁ(^^)」
心臓や足に負担無く、背後から昇る陽を浴びながら、
木立の中を登ること1時間と少々・・・


峠の分岐


分岐である本当の峠から右へ数分進めば、
南アルプスの一大絵巻を望む夜叉神峠(1770m)に到着です。


視界がひらけてきた(^^)


ここには、宿泊できる峠小屋やトイレ、
テントが張れるスペースもあります。
小屋の後ろには、白根三山を映している定点カメラがありました。
調べたら、こちらのサイトから見られるようです。


夜叉神峠小屋



さあ、お楽しみの朝ご飯タイム。
残念ながら白根三山は雲に隠れていますが、
眺めが良く涼しいので、
この景色をひとりじめしながら紅茶とメロンパンをいただきました。
ああ~、なんて幸せな時間でしょう! 
今頃、山男は北沢峠に到着し、甲斐駒目指して登り始めているはず。
やっぱり、力不足の山女子は、こちらの峠に登って正解でした。


絶景を眺めながら朝ご飯タイム


1時間くらい、のんびり過ごした後、
登って来た道を戻りました。
途中、何組かのご夫婦(若い夫婦や熟年&老夫婦)とすれ違い、
「どちらから(下りて)来られたんですか?」と聞かれ、
「あっ、いえ、私は夜叉神峠までの折り返しなんですよ」
少し恥ずかしかったけど、装備を見れば一目瞭然(^^);

夜叉神峠は、この先、鳳凰三山や千頭星山・甘利山など、
南アルプスの山々へと繋がっているので、
重装備の岳人もいました。


花の写真を撮りながら


花の写真を撮りながら、ゆっくり下りて、
夜叉神の森駐車場に戻ったのは9時。
朝が早かったし涼しいので、
車の中で少し仮眠をとりました、午後の行動にむけて 
スポンサーサイト



テーマ : 山の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード