スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駿豆線

鉄分が足らなくなったので、
富士山をバックに、電車が走る姿を見てきました。


駿豆線 



伊豆箱根鉄道の三島と修善寺間を走る駿豆線です。
望遠で富士山をバックに迫力ある構図が有名な撮影スポット。



駿豆線 2



駿豆線と書いて『すんずせん』。
なんだか訛っているみたいで、ひとりでうけてしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

富士山麓も揺れました!

珍しく土曜日が休みになったので、
いつもより遅めの朝ごはんを食べて、
朝ドラ(仕事の日は、夜の再放送を見ています)のカーネーションを、
じっくりと見ていたら・・・

グラグラっと大きく揺れました。
「3か4じゃないかなぁ?」とテレビの地震速報を待っていたら、
1回目より大きな揺れが続けてやってきました。

震源が山梨の富士五湖だったようです。

昨年の3・11を忘れたわけではありませんが、
久しぶりに大きく揺れたので、ドキッ(◎-◎;)!!

幸い、我が家には怪我や物が壊れるなどの被害はありませんでした。
今朝も冷え込み、午後からは雪も降ったので、
停電などにならなくて良かったぁ。
JRは、お昼ごろまで一部不通になっていたようです。



しばれるね・・・



富士山は、完璧に雪山となって、
相変わらずどっしりとしていますが、
かなり揺れて驚かされました。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

ライ麦パンに会いに来て!

天気予報が恐ろしいほど良く当たって、
昨夜は雨が雪に変わり、数日前と同じような雪景色になりました。

今朝のニュースでは、積もって溶けたところが凍り、
雪に慣れない都会の通勤風景が映し出されていました。
〇さん、△さん、□さん・・・大丈夫でしたか?

こんな天気だと、さすがにお店は・・・

寒い中、わざわざ来てくださるお客様は、ほんとうに有難い 

特別なおもてなしは出来ませんが、
心を込めて焼き上げたこの子達がお迎えします!


ライ麦パン達


サワー種を使いライ麦が50%入ったパンは、
普通の食パンやリッチな生地のパンと少し違った食べ方。
とは言っても、パンですから、
それだけで食べても独特の酸味があって、
それが個性なんですけど、
薄くスライスして、ハムやチーズを挟んだり、
柑橘系のコンフィチュール、
先日はラワンブキのジャムも試してみましたが合います!


薄く切って、チーズやハム、ジャムなどと一緒に!


手前の丸いレザンノアは、名前の通りレーズン(サルタナ)と胡桃入りなので、
そのままでも美味しいです。
ふわっと軽めのパンも美味しいけど、
ずっしりと存在感のあるライ麦パンは、
日を置いても、しっとりと美味しい、そこが魅力。
良かったら、どうぞライ麦パンに会いに来てください!

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

久しぶりの潤い

冬晴れが続いて、ずっと乾燥していましたが、
今朝は、うっすらと雪が積もっていて、
その後も一日中、みぞれ混じりの冷たい雨となりました。


うっすらと積もった雪


北海道などの積雪は、除雪が追いつかない程だと聞きます。
雪に慣れている方たちが悲鳴を上げる降り方だそうですから、
少しばかりの雪で喜んだりして申し訳ないですのですが、
インフルが猛威をふるい、静電気がビシバシ、
お肌はカサカサ(乾燥のせいばかりじゃなけど)、
すこ~し湿り気が欲しいと思っていたので、
ちょっと嬉しいみぞれ混じりの雨です。

今日は、土日を前にお休みでしたが、
こんなお天気なので、出かけることもなく、
家で、片付けをしたり、常備菜を作ったりして過ごしました。


天日干し中のゆず


お天気が良かった時に、
ここぞとばかり野菜(白菜や大根)やゆずの皮を干しておりましたので、
このところ、それらを使ったメニューが食卓に登場する機会が増えました。
特に人気なのが、大根の皮も捨てずに干して、
それを刻んで作るキンピラ大根(の皮)。
彩りに人参が入り、かさを増やす為に白たきも入れたりと、
作っても、あっという間に完売してしまいます。
田舎から届いた大根には、葉っぱも沢山ついていたので、
こちらも軽く干して、青ものとして重宝しています。

お日様があれば、何かと忙しい休みも、
この時期の雨は冷たいけれど、
久しぶりにのんびりと心も潤いました。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

石割山から平尾山へ

8合目の石割神社から20分弱、
ちょっと険しい登山道をクリアーすると、
その先に待っていたのは・・・


石割山山頂に到着!


2012年の初山歩きでしたから、
日々仰ぎ見ながら暮らしているとはいえ、
やっぱり、見飽きることはない富士山の絶景をもとめて、
それも、ど~んと山中湖越しに!


石割山からの富士山


なんという絶景でしょう。
いつもこの反対側から見ている私達でもほれぼれする眺めです(^^)
篭坂峠越しに愛鷹方面の越前岳も見えます。


南アルプスも見えましたよ(^^)


右に転ずれば遠くに雪をかぶった南アルプスの山々もしっかりと。


富士山を二人じめ(^^)


いつも、当たり前のように見ている富士山なのに、
どうしてこんなにひきつけられるのでしょう。
私は、まだ登ったことがないけど、
あの山頂からみる景色やご来光は、
登った人にしか味わえない訳だから、
いつかは・・と思いつつ、
かれこれ、麓に住み始めて10年以上が経ちました。


絶景に、しばし見とれてしまいました!


石割山(1413m)の山頂で写真を撮ったり、
持ってきた石窯焼きのパンで珈琲タイム、
う~ん これがまた美味いんだなぁ~!


珈琲タイム


日差しはたっぷりとあって、
思ったほど寒くなかったけど、
さすがに、山頂は少し風があって、
温かいコーヒーもすぐに冷めてしまいます。
30分程の休憩で、次の山へ向かいました。

少し下って尾根沿いに歩き、
「こういう感じの道を歩くの大好き!」と快調に25分。
平野の分岐を過ぎて着いたのは平尾山。


平尾山からの眺めも素晴らしい!


石割山より100mほど低いけれど、
富士山に近くなった分、ここからの眺めも申し分ありません(^^)v
時計は11時をまわったところ。
この絶景をご馳走に早めのお昼ご飯をいただくことにしました。
あれ?30分前にコーヒータイムでパンを食べたばかり・・・

お湯を沸かして、早お昼を摂っていると、
他にも何組みかの登山者が、やはりここで昼食タイム。
考えることは皆同じようです。
遮るものが無いこの景色を見ていたら、
山男が、「夏にココから星空を眺めたら最高だろうなぁ」とつぶやきました。
なんて素晴らしい!!
山頂でテントを張って星空を見る・・・いいなぁ~。
今年の夏か秋には、是非実現させよう!(新年の誓い?!)

この先、尾根づたいに花の都公園付近まで行けるらしいけど、
こんなに良い天気なのに、午後からは天気下り坂という予報なので、
お昼ご飯を食べたら、平野の分岐まで戻って下山することにしました。


平野方面へ下山


分岐が2箇所。
ベンチがあるところは右へ。


分岐点 その1


次は、左へ。ここが大事なポイント!


分岐点 その2


松や杉の落ち葉でふかふかな道をひたすら下っていくと・・・


林の中をどんどん下山すると・・・


あれ? 見覚えのある場所へ下りてきました。


なんと、駐車場に降りてきました。


朝、車を止めてスタートした駐車場です。
トイレの裏に下りてきました。
8時50分から登り始め、12時40分駐車場に到着。
休憩や昼食を含めて、約4時間の初山歩きでした。

余談ですが、ここのトイレなんですが、
私が今まで山行きで体験したトイレでピカイチ!
入口のドアを開けたら、中にはパネルヒーターが点いてて屋内が温かく、
掃除がゆきとどき、とても綺麗でした。
登山道入口のトイレといえば、普通お世辞にも綺麗とは言い難く、
寒くて虫の死骸が落ちていたり・・・。
それでも、無いと困るので、さっと用を済ませます。
絶景を堪能したうえに、このトイレは快適でポイントが高くなりました。

そして、早めに下山した目的は、


山歩きの疲れは温泉で癒しましょう(^^)


はい、こちら村営の温泉『石割の湯』。
忙しかったこれまでの疲れも癒そうと、半日ゆっくりするためでした。
正月と連休も過ぎていたし、平日とあって、
ゆったりと休憩しながら、柔らかい泉質のお湯を楽しめました。
館内は、こちらも心がゆきとどき、
鏡やガラスも綺麗に磨かれ、
脱衣場だけでなく、館内のほとんどの床が温かく、
中に居ると、外の寒さを忘れそうです。
気が付けば、帰る頃には日が暮れ暗くなっていました。
そして、白いものがチラチラ・・・雪でした。

2012年の初山行きは、
富士山の絶景と身も心も温まる温泉で、
とても良いスタートとなりました。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

初山歩きは石割山へ

一富士、二鷹、三茄子などと言いますが、
初夢をゆっくり見るまもなく、松の内も終わってしまいました。
先週は成人式を含む連休があって、
お陰様で、我が家もやっと肩の荷がおり、
そこを過ぎたので、昨年から続いていた忙しさも、やっとひと段落。

初夢は見なかったけど、
今年初の山歩きは、富士山の絶景ポイントを目指し、
是非登ってみたいと思っていた山へと出かけました。

R138で籠坂峠を越えて、山中湖に突き当たると、
反時計回りに道志道へ向かい、
赤い鳥居を目印に左折して、目指すは石割山登山口。


石割山 登山道入口 2


駐車場とトイレが有り、ここにも赤い鳥居があって、
身支度とストレッチを終えたら出発です。


石割山 登山道入口


鳥居の向こうには、あらかじめ調べてあったので知ってはいましたが、
403段あるという目がくらみそうな石段がありました。


石割山 登山道入口の階段


新春から、体育会系の部活によくあるトレーニング?とぼやきながら、
どんどん進んで小さくなっていく山男を追いかけました。


石割山 登山道403の石段


ぶつぶつ言ってても始まりません。
 こんぴらさんの石段よりは少ないし、
とにかく一段一段登れば、やがては終わるでしょう・・・

約10分で上りきり、丁度ウォームアップとなったので、
一枚脱いで身軽くなり、そこからはとても歩きやすい道のり。


樹林から見える富士山

なだらかな山道は嬉しい!


木々の間から富士山も見えて、山頂からの眺めに期待がふくらみます。


期待が膨らむなぁ(^^)


と、その前に、
8合目の林の中に、山の名前の由来となっている石割神社がありました。


8合目の石割神社に到着


あれ? もしかして私達の初詣じゃない?


石割神社


参拝した後、御神体の大岩が「石」の字に割れていて、


石の字に見えますか?


わずかな隙間を時計回りに3回通ると幸運が開けると言われているそうなので、
そういうことが大好きな私たちは、勿論、
ザックをおろして回ってきました!


隙間を通過すること3周


神社をあとにし、左にまいて更に登山道を進むと、


神社を後に進みます


先程までの楽ちんなハイキングコースと違い、
いきなり急な上り道となります。
403段の石段を除けば、ゆるゆる気分だったのに・・・


山登りらしい道となりにけり(^^);


それでも、上空が開けて山頂が近いことがわかると、
もうひと踏ん張り!


山頂近し!


後編につづく・・・

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

祝・成人の日 『富士山のように大きな心を・・・』


祝・成人の日


『富士山のように 大きな心を ・・・』


『富士山のように 大きな心を持つ人になろう』


お陰様で、本日、めでたく成人式をむかえることとなった姫2。


成人の日・父と娘


早朝の3時から、
着付けやメイク・写真撮影・記念式典、
お世話になった方々への挨拶回り。

娘の晴れ姿に、父は何を思う。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

夕暮れ時

今週末は3連休が控えているものの、
お正月休みが終わり、仕事が始まった方も多いことでしょう。
ひょっとして、休みが続いて、
始動は10日からなんていう人も、世の中にはいるんでしょうね。

まだ松の内で、遅れて届く年賀状もあったりと、
年が改まったことを感じる気配はそこかしこ。
それでも、大晦日に休んで以来、
お正月だからと、のんびりしていないせいか、
いつも通りの日々が過ぎています。

このところ寒気が居座っているそうで、
朝晩の冷え込みが厳しく、
喋った先から言葉も凍りつきそうです。
仕事や学校が始まり、年末年始の忙しさがひと段落したので、
少し早く帰れるようになったこの頃・・・
あっ、冬至を過ぎたから、日暮れも少し遅くなったんですよね。
まだ完全に暗くなる前に、外へ出てみれば、
オレンジ色の夕映えが、あまりに綺麗で、
凍えるような外気温なのに、心はホット温まりました。


いつも通りの夕暮れどき


いつも通りの夕暮れ時・・・
だけど、このいつも通りが儚く大切なひとときの積み重ねであることを、
ずっと忘れないようにしなくちゃ。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

迎春

明けましておめでとうございます!
みなさま、穏やかな新年をお迎えのことと思います。


謹賀新年


大晦日だけお休みで、元旦から仕事始めのゆずのねです。
子供たちは、もう皆社会人ですから、
仕事納め後に帰省して、相変わらず家に居るより友人と外出している者、
多忙で帰省する余裕がない者、
元旦のみ休みで、お年賀を求めて押し寄せるお客様パワーに驚いている者、
それぞれの年末年始です。
山男は世間一般のお休みと同じで、明日から仕事始め。

こちらは穏やかな天候に恵まれたおかげで、
家族連れや、年初めからバスツアーでイルミネーション見学のお客様が多く、
いつもより少し華やかで、お正月気分いっぱいの店内でした。

でもきっと、今年の正月は、
みな大切な人と一緒に過ごすことの素晴らしさ、
その絆が、どんなに大事かをしみじみと感じているはず。


穏やかな正月


被災地の復興が進みますように。

悲しい出来事が起きませんように。

明日に希望や夢が持てますように。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。