FC2ブログ

栂池の高層湿原を歩く

天狗原で山男を見送り、
私達は登ってきた道を引き返しました。

スタートした登山口の横にあるビジターセンター前で早めの昼食をとり、
まだ少し小雨の残るなか、高層湿原の栂池自然園を歩くことに。

初夏には水芭蕉の花畑になるという湿原に始まり、
風になびくさまが可愛いワタスゲや黄色いニッコウキスゲなど、


栂池自然園の花々 2

栂池自然園の花々 5

栂池自然園の花々 4

栂池自然園の花々 3

栂池自然園の花々 6


小雨から霧に変わった湿原にひっそりと静かに咲く花たちを楽しみながら、
気持ちよく歩きました。


栂池自然園の花々


二人の山ガールは、下山で少し足を痛めたものの、
整備された木道をどんどん進みます。


木道脇に、ニッコウキスゲが咲く


だんだん、霧も晴れてきて、
花の写真を撮りながら、高低差のある木道を歩くひとときは、
ほんとうに楽しかったです。
今回の白馬を一緒に旅した山ガールさんは、私より少し年上の、
とっても頼もしいお姉さん(^^)
「雨がふっているから、登るの、どうします?」って弱気な私を、
ぐんぐん引っ張ってもらいました。
こんな感じで・・・


ガスが晴れてくれないかなぁ・・・


天然のクーラー・風穴の横を過ぎ、
清流楠川を渡り、


自然園の中を流れる楠川


その先、2020m自然園内最高地点の展望湿原を目指して、
整備されているとはいえ、登山道のような上り道。

いつしか雨も上がり、途中で着ていた雨具も脱ぎ、
いよいよ、白馬大雪渓を間近に望む絶景ポイント。


展望湿原にて


ガスが晴れて、山が姿を現すと大雪渓が見える・・・はず(^^);


雪渓がちらちらと・・・


待っている間にも、時間が気になる頃となり、
展望デッキをあとにしかけた時、木立の間からやっと見えました!


木立の間から見えた白馬大雪渓


さあ、これから帰り道。
展望台から急なヤセ尾根を下っていきます。


展望台からヤセ尾根を下って・・・



足を滑らせたら、下まで落ちてしまいそうな下り坂でしたが、
池や、その向こうには白馬の町が眺められ、
斜面には高山植物も沢山咲いていました。

30分程下ると、浮島湿原がひらけてきました。


浮島湿原からの眺めも素敵!


上るときも横を通ったはずなのに、
その美しさに気づかなかったぁ・・・。
いやいや、たぶん道順からすると、
尾根を下ってきたところで景色が広がり、
その後方に白馬の山々が見える(お天気が良ければ)ビューポイントなんですよね。


浮島湿原


山男との待ち合わせ時間がせまってきたので、
いっきに、もと来た木道を歩き、スタート地点にもどったのは16時前。


栂池自然園を一周してきました!


一周5.5キロ、ゆっくり歩いて3時間半。
その前には、天狗原まで上ってきた私達・・・


雪どけサイダーで乾杯(^^)


よく歩いたね~(^^) 
お疲れ様のご褒美は、雪どけサイダーでした。
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード