スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西沢渓谷ハイキング 後半

川沿いに整備されたハイキングコースを歩くこと2時間。
つぎつぎと現れる滝や川の流れに魅せられ、
紅葉やその先に見える晩秋の空にも見とれて、
2時間はアッというまでした。
整備されているとは言っても、アップダウンや鎖場もあったりで、
気を抜かずに楽しみながらの前半でしたから、お腹はペコペコ!


昼食タイム


休憩タイムの大福もちに助けられなんとかここまで来ました。
みな考えることは同じようです。
他の方々も此処で、思い思いにお昼ごはん。

私達三人も、この時間の為に、
食材をザックに詰めてきました。


お昼ご飯は、豚汁と・・・


8割がた具材を煮込んできて、この場で仕上げた豚汁。
日陰はやはり冷えるので、温かい汁物は嬉しい(^^)


チーズフォンデューもあり・・・


山友さんは、チーズフォンデューのセット。
食後のデザートに3種のフローズンフルーツも背負ってきてくれました。


野点もあり・・・


そして、紅葉を愛でながらやってみたかった野点にも挑戦(^^)


結構なお点前でした


日帰りのハイキングならではの、優雅なランチタイムを1時間楽しんだ後は、
登ってきた道と違う緩やかな下りです。


帰り道は旧森林軌道を歩きます


川沿いの道がアップダウンだったのに対して、
山沿いを何本もの橋を渡りつつ、
ほんとに緩やかで、紅葉を楽しみながら、のんびり歩きました。


秋の空と紅葉


旧森林軌道は歩きやすい


落ち葉の下に軌道の跡が見えています。
ここは、昭和40年代まで木材の積み出しにトロッコが使われていた場所で、
「鉄分も補給できる?・・・かもね」というのは、この事でした。


昔はこんなふうにトロッコで運んだのね


塩山まで、こうして木材を積んで下り、
帰り(上り)は馬が引いてきたそうです。


大展望台


途中、大展望台があって、
渓谷越に向こうの山々が綺麗に見えていました。

山の斜面には石楠花が咲くらしく、
やはり、紅葉以外の季節にも訪れてみたいものです。


西沢渓谷の紅葉


下りは、休憩をとらずに、さくさくと歩いて、
スタートの鳥瞰図があった合流地点へ13時過ぎに到着。
ここで小休止した後、駐車場まで戻って、
更に、朝はまだ開いていなかった道の駅「みとみ」に立ち寄って帰路につきました。


道の駅「みとみ」
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

今年の紅葉は西沢渓谷へ! 前編

仕事先で、山男が山友に「西沢渓谷は良いよ~」って言われ、
「山ガールは、時々鉄分も補給するんですが・・・」と言うと、
「昔の軌道(トロッコ)跡があるから、ちょっぴり鉄分もとれるよ!」って言われたとか。

この時期、山梨の紅葉なら昇仙峡が有名なんでしょうが、
我が家は、あえて西沢渓谷へ行くことにしました。
西沢渓谷は、ハイキングコースと言っても、
滝を見ながら川沿いのワイルドな道を歩く登山に近いものがあるので、
サンダルやヒールはやめて下さいと聞いていました。

前日までの雨もあがり、天気は申し分なく、
朝6時に自宅を出発して、8時過ぎには渓谷入口の駐車場に到着。


西沢渓谷 駐車場に止めて出発!


西沢ゲートから林道を少し歩くと、
ネトリ大橋たもとのトイレがある休憩所に。


渓谷入口の鳥瞰図 2


ここから、渓谷をぐるっと一周約4時間のコースが始まります。
(トイレは、ここと途中に一箇所、折り返し地点にもう一箇所です)


トイレの看板も可愛い(^^)


道中の安全を祈って、


安全祈願をして出発!


数分少し進むと、百名山のひとつ甲武信ヶ岳登山道入口。


今日は、そっちじゃないよ!


そちらにも登ってみたいところ、次回の楽しみと言うことにして・・・。


親切な道案内


ほらほらお地蔵さんも「登山者よ気を抜くな」と言ってますよ。


雨上がりで紅葉も一層きれい!


雨上がりの道、気を引き締めて進みます。


二股つり橋

スリリングな吊り橋


二股吊り橋を渡って、


快調にぐんぐん歩く隊長(^^)

親切なハイキングコース


だんだんと渓谷の奥へ進んでいく・・・


いくつかの滝を見ながら良く整備された川沿いの道を、
アップダウンしながらどんどん歩きます。

誰がつけたのでしょう・・・
フグ岩や、

ふぐ岩


ウナギ床や、人面洞(奥に髪の長い女性の顔が・・・)。

人面洞


こんなふうに渓谷を歩いて楽しめるよう整備して下さった方々に感謝です。


だんだんと渓谷の奥へ進んでいく・・・ 2


秋は勿論、新緑や夏の暑い頃も、ここなら涼しいことでしょう。

恋糸の滝

恋糸の滝 2

ワイルドだぜぇ(^^);

滑床


スタートして1時間半、少し広くなっている辺りで休憩タイム。
大きな大福餅を、こんな素敵な場所でいただけるなんて(^^)自然の醍醐味!!


休憩タイム


絵になる若いふたりも、自然に溶け込んで、いい感じ(^^)/


老いも若きも、休憩タイム


休憩してパワーを得たら、目指すは渓谷最大の滝!


カエル岩


その前に、カエル岩・・・


カエル岩 どこがカエルやねん^^


確かに、カエル?!


方丈橋を渡ったら見えてきます・・・


方丈橋を渡ったら、少し登って高い所へ・・・


七ッ釜五段の滝


七ツ釜五段の滝が見えてきます。
落差もさることながら、段差のある岩をなめるように流れ落ちる姿が美しい。
画像では撮りきれていませんが、水の色がとても綺麗でした。


七ッ釜五段の滝 2


8時半に歩き始め、五段の滝をカメラと自分の目にしっかり焼きつけ、
折り返し地点に着いたのは11時をまわった頃。


折り返し地点でお昼ご飯にします!


さあ、少し早いけれど、
頑張って歩いてきたので、お楽しみの昼食タイムにしよう!!

後半につづく・・・

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

富山でもウォーキングと鉄分補給

バスツアーに参加した時だって、
朝は、いつもと同じ時間に起きて早朝散歩(^^)
むしろ、いつもと違う場所だからこそ、
ここはどんな街なのかなぁ・・・って、
ワクワクしながら歩けるので早起きできます。

まだ外は暗くて、空模様もあやしかったけど、
目覚める前の街へ5時頃から出かけました。

もうひとりの旅友といろんな話をしながら、
足の向くまま気のむくまま歩きました。
もちろん開いているお店は無く、
商店街もひっそりしていましたが、
素敵な民芸家具のお店を窓越しにのぞいたり、
城址公園や県庁や県警の集まる辺りも回って、
初めての街は、やっぱり歩くと面白い。

お店の灯りが点り、中で仕事をしていたのは、
やっぱり早起きのパン屋さんでした。
さすがに、6時前では、まだ開店していなくて、
あやしい二人は、立ち止まってお店の外から羨ましそうに眺めるだけ(^^);


土曜日の朝だったので、
何軒か朝市のお店が並んでいて、
新鮮な野菜や果物を売っていました。
小雨がぱらつくまだ薄暗い早朝は、
北陸の晩秋を感じさせる肌寒いものでしたが、
地元の方との交流に、ほっと心が温まりました。

前の晩、晩御飯を食べに街へ出たときから、
もうひとつ、ワクワクしていたことが・・・。


地鉄も見ました!


富山には、路面電車が走っています。
富山地方鉄道 通称【地鉄】
立山や宇奈月方面に行く鉄道部門と市内電車があって、
ほんの少し滞在しただけなのに、
しっかり鉄分補給させていただきました。


路面電車の走る街 2


富山駅近くのホテルだったので、
JR北陸本線を走るサンダーバードも見ました。
2日目、上高地に向かう際は、
バスがずっと高山本線を横目に走ったため、
思いがけず、バス旅なのに鉄分補給となりました。


路面電車の走る街

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

25年ぶりの上高地

初冬の上高地は、風がなく穏やかで、
これから迎える厳しい冬の始まりを前に、
訪れる人を最後までもてなしてくれているようでした。


見えそうで見えないなぁ・・・


かっぱ橋周辺は、とくに大勢の観光客で賑わっていました。

夏は、下界より涼しく、避暑地感覚の上高地。
遥かなる穂高連峰を目指す登山者も多く、
憧れの山々を目の前に胸が高鳴ります。


だんだん雲が多くなってきた(^^);


すでに雪をいただいた穂高が、
見えそうで見えない・・・


雲がとれてきそう・・・



その昔、長男が2歳をむかえる前、
私のお腹には姫1がいて、
勤務地・仙台から9ヶ月間程、
富士山麓に教育課程で来ていた頃に一度、
この上高地を訪れたことがありました。

かっぱ端より奥の小梨平にテントを張り、
小さかった息子と3人での、ひと夏の思い出。
若かったなぁ~ 主人も私も(^^);


25年ぶりの上高地


あの時、季節は夏でした。
25年ぶりの今回は、観光シーズンも終わろうかという初冬ですが、
梓川周辺は、あの頃とほとんど変わっていないような気がします。

お昼をまわって1時過ぎ、お腹も空いてきました。
河童橋周辺には、おみやげ物を売っていたり、
食事ができるところが何軒かあります。
迷ったすえに私が選んだのは、
五千尺ロッヂのカフェテリア・トワサンクで買ったきのこめし弁当。


上高地でのお昼は・・・


もう少し暖かかったら、外でいただきたかったけど、
気温が低すぎて、店内の窓際の席で外を見ながらいただきました。


美味しかった~ きのこめし弁当!


ここの人気メニューは【信州完熟りんごのパイ】。
お土産用にテイクアウトしている方もいました。
次回は優雅にアフタヌーンティーといきたいものです。


名残惜しいけれど、出発の時間がせまってきたので、
バスターミナルに戻り、3時過ぎには上高地をあとにしました。


絵になるなぁ~


25年ぶりの上高地は、
年月を経ても、ほとんど変わっていなかったように思います。
私は、確実に年を重ねました(^^);

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

初冬の上高地 

今回のバスツアーは、
『秋色の立山黒部アルペンルートと上高地』一泊二日。
この2箇所を一泊二日で回るなんて、
マイカー移動の我が家ではありえないコースです。
集合時間など、団体行動の制約があって、
じっくり味わうわけにはいかない部分もありますが、
運転の心配が無く、景色を眺めながら、お喋りしながら、
居眠りしてても目的地に着くわけですから、
これはこれで楽しい旅をさせていただきました。

立山黒部は、数年前に山男と行きました。
上高地にいたっては、なんと25年ぶり!

2日目、富山のホテルを8時に出発して、
高山経由で上高地に入りました。

バスの出発まで、上高地散策の時間は3時間。
バスターミナルで降り、
かっぱ橋を渡ってから明神池まで行ってくることもできましたが、
積雪で足元が悪く、昼食時間をとると厳しいと判断して、
手前の大正池の近くでバスを降り、
そこからウェストン碑を見ながら河童橋を目指して歩くことにしました。

大正池と言えば、鏡のような湖面と立ち枯れた木々が幻想的で、
写真や映像で紹介されているのを見たことがあります。

焼岳は見えませんでした


この日、焼岳は雲がかかり見えませんでした。
年々土砂の流入で、大正池の面積が小さくなっているそうです。


大正池


木道には、雪が積もっていたので滑らないよう歩きました。


木道には積雪が・・・


木立の中を、ぐんぐんと田代池を横目に、
穂高橋・田代橋に向かって進みます。


木立の中をぐんぐんと・・・


見上げれば、木立の先には青空が・・・


木立の向こうの青空がきれい


橋を渡り・・・


梓川は、初冬の光に輝き、


梓川は初冬の雰囲気


視線を上げれば、六百山や、


初冬の上高地


青空をバックに雪をいただいた三本槍・霞沢岳、
手前の唐松は黄金に色づき、


初冬の上高地 2


この時期にしか見られない光景に、何度も足を止め、
カメラを向けたり、自分の目にも焼きつけました。


写真が多いので、本日はここまで(^^)

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

富山のキトキトな夜

立山からバスで富山駅前のホテルに
チェックインして、部屋に荷物を置いたら、
夕食をとろうと、いざ、街へ。

アルペンルートに入る前、
バスの中でお弁当を食べて以来だから、おなかはペコペコ。

富山に来たからには、美味しい海の幸を。
私でも知っている富山の言葉 『キトキト』

ホテルにあった、美味しいお店を紹介したマップを頼りに、
街なかを、うろうろ・・・


富山での夕食


やっと見つけたお店で、夕食にありつきました。


まずは、焼き物から(^^)


どこが富山なの?って焼き物に始まって、
白えびのから揚げ、フクラギ(ブリの若い頃)の刺身、
揚げ物、なま物 etc


美味しいものをいただきました!


どこか昭和レトロな雰囲気のお店に、
旅の開放感もあって、
富山の夜は、ゆっくりと更けていきましたとさ(^^)

つづく(^^)

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

バス旅・秋色の立山黒部アルペンルートと上高地

日に日に秋が深まってきて、
ついに明日11月9日は、
職場のイルミネーションが点灯式となります。
毎年趣向を凝らしたイルミで、多くの方々に来場いただき、
寒さが増してくるこれから来春の3月初めまで開催しています。
個人のお客様は勿論ですが、
バスツアーで立ち寄られるお客様も多く、
日暮れから混み始め、大行列となることもしばしば(^^);
イルミを楽しんだ後に、食事や買い物も楽しんで、
感動と共に、美味しい物と温かい気持ちを持ち帰っていただければ幸いです。

イルミが始まり忙しくなる前に、
私も、とあるバスツアーに参加して、
友人と一泊二日の山旅へ行ってまいりました。

ツアーのタイトルは、

ダイナミックな大自然に感動!!
秋色の立山黒部アルペンルートと上高地

すごいツアーですよね。
友人から誘われた時、一泊二日でこの二つを周り、
食事が付いて無いとは言え、そのツアー価格に驚きました。
高い山は、既に紅葉が終わり、
雪をいただいた景色と麓の紅葉が楽しめることを期待し、
快晴の富士山麓を出発して、バスは一路長野へ。

平日とあって、渋滞に巻き込まれることもなく、
安曇野インターを下り、黒部の入り口・扇沢に到着。


扇沢


既にこの辺りからちらちらと、白いものが舞い降りて・・・


現在的室堂


情報によると、室堂から先が雪のためバス運行ができないかも・・・と(^^);
室堂のライブカメラの映像。
気温は-8℃・・・真冬です!

えっと・・・ 確か、ツアーのタイトルは『秋色』?!

添乗員さんは、「行ってみないとわからない・・・」と見切り発車?!
黒部ダムまでのチケットを渡され、
みなで、「どうか室堂から先、富山へ抜けられますように」と祈りつつスタート。


黒部ダム

黒部ダムにて


黒部ダム辺りは、まだこの位・・・


黒部湖からケーブルカーに乗って・・・


ケーブルカーとロープウェイを乗り継ぎ、


黒部平からロープウェイに乗って・・・


黒部平、大観望へと進むにつれ、
外はみるみる冬景色へと(^^);


大観望は雪!

大観望から黒部ダムを見下ろす


でも、どうやら室堂から先のバスは、
運行できるようになったとの情報で、
なんとか富山側に抜けられそう。


美女平からのケーブルカー


で、いきなり美女平の画像。
室堂で1時間近くの時間があり、当初は、みくりが池まで歩き、
運が良ければ雷鳥さんに遭遇できるかなぁ(?)と思っていたのに、
建物の外は積もった雪と、吹雪なのかガスなのか真っ白の世界。
写真を撮りましたが、真っ白で「ここはどこ?」になってしまいました。
館内で立山の映像を観て時間を過ごし、
雪の中、ゆっくりとバスは美女平まで下りてきました。


立山駅


日が短いので、辺りは暗くなり始め、
最後の乗り物ケーブルカーで、立山駅に無事到着。
バスに回収され、宿泊先の富山市内のホテルへと向かいました。


可愛い雪だるまに迎えられて


ねぇねぇ、
このツアー、確か【秋色】だったよね、雪だるまさん(^^)!

旅は、つづく・・・

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

今できることから・・・

10月が、いえいえ、10月も駆け抜けていきました。
暑い暑いと言っていた夏から気持ちの良い季節へと移り変わり、
10月の終わり頃になれば、朝晩は思いがけず冷え込み、
秋は、いよいよこれからが一番美しい頃と、
期待も膨らむというもの(^^)
ついでに、美味しい富士山麓の新米にもありつき、
心ばかりか体も膨らみそう(^^);

ひと雨ごとに秋が深まり・・・
ここ富士山麓にあっては、
ひと雨ごとに、山頂からの雪が9合目から8合目、7合目と降りて来る、
秋の澄み切った高い空に、また美しい富士の姿が拝める時季でもあります。

この地に家を建てて12年。
そうした季節の移り変わりを、富士山を仰ぎ見ながら暮らしてきました。

雨風は勿論、紫外線の強い夏の日差しや、
忘れかけた頃に襲ってくる地震に耐え、
私たちを守ってくれている我が家を、
内側に被害がでないうちにと、
外壁塗装をすることになり、
10月の中旬にかけ、足場を組み、
上から下までお化粧直しとなりました。


幸い、10日間ほどの作業中、
お天気に恵まれて、雨にほとんど見舞われず作業が進みました。


外壁塗装


丁寧で感じの良い業者さんに出会い、
明るいだのイメージと違うだのと色決めに散々悩み、
この際、痛んだところの修繕も含めて、
おかげさまで無事に作業が終了。

こんな機会はそうそう無いと、
足場を上って、屋根や高いところをこの目でも見せていただきました。


外壁塗装の足場


ついでに、いつものベランダより更に高いところからの富士山も。


足場の先には・・・


おお~ なんだか新鮮!
バカと煙は高いところに上りたがる・・・ってかぁ?!(^^);


いつもより少し高い所からの富士山


このあと、何度か雨が降りまして、
富士山もずんずんと雪化粧しました。

今日から11月。
今朝、外の気温は7℃、天気は快晴!
富士山もご機嫌麗しくお目覚めでした。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。