スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文三郎尾根を下る

10月も終わろうとしています。
明日からは11月・・・
秋が駆け足で行ってしまう。
今朝の富士山は、山頂がまた雪化粧していました。

それなのに、のんびりと9月の山行きをアップ中(^^);


P9244483 (640x480)


赤岳の山頂で、景色を楽しみながらお昼ごはんを食べたので、
下りも頑張ってスタート・・・。
登ってきたコースではなく、文三郎尾根を下りました。

はしごを二つ下りたら、傾斜が30度はありそうなクサリ場がつづきました。
石を落とさないよう、自分も落ちないよう、
カメラはザックに入れて慎重に。


P9244462 (640x480)


中岳から阿弥陀岳にむかう分岐を過ぎ、
苦手なガレ場や鉄の階段をどんどん下ります。


P9244479 (640x480)


それにしても、文三郎尾根の階段、すごい所にありますよね。
こうして眺めると遥か下に行者小屋も見えます。
尾根に階段が設けられていることで、
いっきに高度がかせげるわけですが、
この階段には、マムートのマークがついていました。
上りに使った鉱泉から行者小屋までの登山道にもマムートマーク付きの土留めがあったなぁ。

登山道整備事業にマムートジャパンが整備費用を負担していて、
通称、マムートロードとよばれているそうです。



P9244490 (640x480)


無事に樹林帯まで下りて、
阿弥陀岳から下りて来る道と合流するあたりまでくると、
さっきまで居た赤岳は、もうあんな遠くに見えます。


P9244492 (640x480)


行者小屋まで戻ったら、ホッとしたのと、
登るときは小雨とガスで見えなかった小屋からの風景があまりにも綺麗で、
ちょっと長居をしすぎました。

このあと、車を止めた美濃戸まで、
登ってきた北沢ルートではなく南沢ルートを使っての下山が、
思ったより大変で、
山間の日暮れが早いとは知りつつも、
16時をまわってしまい、
あわや、ライトを点灯しなければならないほど薄暗くなってしまいました。

なんとか美濃戸まで下りてきたのは17時30分。
お陰さまで、赤岳への山行きは無事に帰還となりました。
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

赤岳山頂へ

地蔵の頭で稜線にでると、
ガス(雲)がまだ残っていて、
流されると視界が開け、ガスると行く手が見えなくなるの繰り返し。
稜線らしい平らな所は少しで、
赤岳展望荘を通過し、目指す先には、
ザレ場にクサリが設けられた険しい登山道が続きました。
斜度は、それ程でもないと言うけど、
私にとっては、アドベンチャーワールド!!
写真を撮る余裕なんてありませんでした。


P9244455 (640x480)


やっと、赤岳頂上小屋が見えて、


P9244465 (640x480)


その先に山頂が、もうひと息のところに迫ってきました。
麓から見上げていた八ヶ岳の主峰が目の前に・・・

この山小屋に泊まったら、
360度の展望に囲まれて、
名だたる山々を眺めながらの夕景やご来光が楽しめるのでしょうね。


P9244469 (640x480)


美濃戸を小雨のなか朝6時に出発して、
北沢コースで赤岳鉱泉、行者小屋、地蔵尾根と登ってきて、
11時45分、ついに赤岳の山頂へ。


P9244472 (640x480)


とうちゃこ~(^^)

つづく・・・

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

くさり場もなんのその

「(八ヶ岳の)赤岳ってどんなところ?」

山に行く前は、本やネットでいろんな情報を仕入れ、
最近は登山ブームで山番組も多いから、
録画してあるもの中から、ルートの確認や気をつけるポイントも知ることが出来る。
さらには、出来れば登ったことのある友人知人から体験談が聞ければ、
自分たちの体力や技量と比較して計画を立てることが出来る。

北海道や東北の山を知る山男の体力と技量なら、
何も問題の無い山行きでも、
そこに、膝弱で体力も技量も無い私が同行し、限られた日程とくれば、
慎重かつ決断力がいっそう必要となる・・・。

季節や天候によっても違う山。
だから同じ山でも、その都度違う条件や表情に遭遇して、
いろんな事を学び、試され、
驚き、癒され、「また 山においでよ!」って声が聞こえる気がして、
登りはきついし、下りも膝の不安をかかえながらなんだけど、
バックパックを背負って歩くわけです(^^)

行者小屋を過ぎると、傾斜はいっきにきつくなり、


P9244442 (640x480)


こんな階段(こりゃ、ハシゴ?!)や、


P9244453 (640x480)


足がすくみそうな、こんな場所もあったりして、
決してルンルン気分な山歩きばかりではない(^^);

でも、


P9244452 (640x480)


いつしか小雨もあがり、ガスがとれてきて、
振り返ったら、樹林帯のなかに先ほど通過してきた赤岳鉱泉や行者小屋も見えてきた。
陽が差して、天気が良くなりそうな気配に励まされながら、


P9244458 (640x480)


いよいよ、地蔵尾根の難所、クサリ場やハシゴを通過して、
地蔵の頭まで登ると、
稜線に吹く風がガスを吹き飛ばし、
はるかな高みに見えた山々が、
いつの間にか同じ目線になってきた。

つづく(^^)

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

9月の山行・八ヶ岳

工房がリニュアルオープンしたので忙しい日々が続いていました。
交代での週いち休みは、身体を休める為にあてることに。

今まで撮りためてある山の番組を見ながら、
次はどこへ行こうかなぁ・・・と、
何度も繰り返し録画をみるので、
山男には半ばあきれられるし、
娘には、「ハード(HDD)が、山の番組でいっぱいだから、早くダビングしてちょうだい!」
と言われてしまいました(^^);

7月の富士山、8月の燕岳と山行きに恵まれ、
さて、9月は・・・

繰り返し見ていたのは、八ヶ岳の番組。
八ヶ岳の山麓には足繁く通って我が家ですが、
まだどの頂にも登っていません。

♪ あれは3年前・・・

2010年の秋、天女山から権現岳をめざしたけど、
時間と体力不足のため、手前で引き返したことがありました。
その時、権現の向うにきりりとした八ヶ岳の主峰・赤岳が見えていた。
いつかは、登ってみたいなぁ。
でも、南八ヶ岳は険しい岩稜の山がそびえ、
正直そう簡単には受け入れてもらえないと思っていました。

9月の連休が2週続いたあと、
リニュアルオープン前に、貴重な2連休がとれました。
仕事が終わった前夜から向かった先は・・・

P9244437 (640x480)


山梨のR20にある道の駅「はくしゅう」で少し仮眠をとり、
原村から登山口のある美濃戸へ。
5時前には、美濃戸の「やまのこ村」の駐車場に到着。
お湯を沸かして早めの朝食をとってから出発。

北沢と南沢、ふたつのコースがあり、
私たちは、赤岳鉱泉にも立ち寄りたかったので北沢コースを進みました。


IMG_9212 (640x480)


天気予報は悪くなかったのに、霧雨から小雨にかわり、
足元が滑りやすくなっていましたが、
おかげで、まわりの緑がとてもきれい。
これもまた悪くない。


P9244440 (640x480)


美濃戸を6時に出発して、沢沿いを歩き赤岳鉱泉に着いたのが8時20分。
20分ほど休憩し、少し登って中山乗越を過ぎると行者小屋。
9時30分、いよいよ行者小屋をあとにして、
地蔵尾根に向かう頃、小雨はガスへと変わってきた(^^)V

この先には、何度も録画で見た急な梯子やクサリ場がある、ドキドキ。
ガスが晴れるかどうかもわからない・・・。

でも、不思議と、この日は、なんだか登れそうな気がしていました。

つづく・・・

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

富士山パワー

例年10月には富士山の初冠雪が観測されるのに、
今年は遅いなぁ・・・と思っていたら、
今朝、いきなり6合目辺りまで白く雪化粧した姿が、
石窯越しに職場の窓からも見られました。

「やっぱり雪をかぶった富士山は良いねぇ~」

お昼休憩の頃には、天気が下り坂ですっかり隠れてしまい写真を撮れませんでした。

この夏には、あの頂に立ったんだよね・・・と、
数か月経った今でも感慨深く思い出されます。
その思いは、その後登った山々から遠くに姿が見えた時も感じます。
富士山って、やっぱりすごい!

富士山と柿

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

竹細工

台風26号が通過中(した?)もよう・・・
風向きがそろそろ変わるのでしょう。
こちらは、天気は急速に回復して、富士山が姿を現し始めました。

まだこれから進路にあたっているところは警戒が必要で油断できません。
どうぞお気を付けください。

今日は休みなので、タイミング良く、
朝ドラの 🎶「雨のち晴レルヤ」を聞くことができました。

先月、パン工房は、敷地内に新築移転し、
それに伴いリニュアルオープンの多忙な日々を過ごしていました。
ブログを更新するどころか、主婦をまっとう出来ない日々もあり、
あっという間に10月も後半になりました。

来月になると、イルミネーションが今年も始まります。

その前に・・・


IMG_9186 (640x480)


松本で竹細工のお店に立ち寄り、
その手仕事に魅せられ、
我が家にも向かい入れたいと思っていたところ、
富士山麓の河口湖にも、すず竹を使ってザルや籠を編んでいるところがあると知りました。

風がおさまってきたようなので、
これから出かけてみたいと思います。

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。