スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 ゆく年くる年


冬至を過ぎ、あとは右肩上がり(?)に日が長くなるとはいえ、
まだ夜が明けきらない時刻の出勤は、
気温も氷点下で、自然と足早になる。

富士山が、ほのかに染まり始め、
この時期ならではの美しさに、
毎日見ている景色ながら惚れ惚れしてしまう。

今年も、残すところあと一日。
明日だけ休みで、元旦からまた仕事が続く。

PB134705 (640x480)


11月の中旬に行った北八ヶ岳。
麦草峠から縞枯山荘を目指して歩き
青い三角屋根が見えたときの嬉しさ・・・なんて素敵な景色なんでしょう!


PB134701 (640x480)


今年は、かなり精力的に山歩きをした。
怪我や事故も無く、無事に一年を終えることができ、
最後の山行きに、こんな素晴らしい景色と出会え、
そこから今日までのハードな勤務を乗り切るパワーを貰った気がする。


PB134722 (640x480)


雨池は、湖面が結氷し、
静かな眠りの時を迎えているようにも見える。


PB134725 (640x480)


ゆく年 くる年

皆様も、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

初冬の北八ヶ岳

冬だもの、いつか来ると思っていたわ(^^);

午前中より気温が下がって、
午後からの雨が霙まじりになり、雪に変わってきました。
「冬だもの・・・」もう一度つぶやいて納得する。

一ヶ月前の11月中旬、
そろそろ麦草峠までの道が冬季閉鎖になってしまうギリギリあたりに、
三度、北八ヶ岳を訪れた時、
山は、晩秋から初冬へと見事なまでに衣替えをして迎えてくれました。


PB134662 (640x480)


このときも、仕事が終わってから支度をして、
夜のうちに野辺山まで行き、車中で仮眠。
夜明けを待って麦草峠の駐車場に入り、
目的地の縞枯に向かって出発!

夜が明けて朝陽があたると、
空気中の水分が凍って、キラキラと輝いて幻想的な光景に包まれました。
以前、北海道の道北に住んでいた頃は、
ダイヤモンドダストも珍しくなかったけれど、
青空をバックに久しぶりの輝きは、凍てつく寒さを忘れさせてくれます。


PB134666 (640x480)


林の中では、見上げる先の木々に樹氷。


PB134667 (640x480)


そうかと思えば、あるところを境に下の方まで真っ白になっている木もあり、
寒さも忘れて、景色を楽しみながらゆっくり歩きました。


PB134672 (640x480)


振り返って、前回登ったニュウが見えるあたりで、
湯を沸かし、温かい飲み物と軽い食事をとりながら、
9・10・11月、三度にわたる北八の山歩きについて話しは尽きません。


PB134693 (640x480)


登山道は、がちがちに凍って、
木道には薄っすらと雪が積もっており、
山男が、「伸びすぎたエノキダケのようだね」と言った霜柱がザクザク(^^)


PB134689 (640x480)


秋には、生き生きとしていた苔も、
じっと耐えながら寒さを乗りきろうとしている。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

しらびそ小屋とみどり池

黒百合ヒュッテでまったりした後は、
中山峠まで戻って、そこからみどり池の方へいっきに下っていきます。

最初は、かなりの急斜面でしたが、
下るにしたがって緩やかな傾斜だったので、
みどり池を目指して、4人はピッチをあげました。
黒百合で少しゆっくりしすぎたし、
スタートした稲子湯に戻ったら下山後のお楽しみが待っていましたから(^^);

黄金色の落葉松林は、はらはらとその葉を落とし、
そこを小走り気味に急ぐと、みどり池とその畔にぽつんとたたずむ小屋が見えました。
小屋の煙突からは、ゆらゆらと煙が立ちのぼり良い感じ。


PA304608 (640x480)


あまりゆっくり出来ないけど、池の向うに天狗岳をのぞみ、
しらびそ小屋は、この景色に溶け込んでいます。


PA304604 (640x480)


できれば一泊して、のんびり過ごしてみたい・・・それがここ、しらびそ小屋。

朝の7時に稲子湯をスタートし、
にゅうに登って、黒百合ヒュッテに立ち寄ってから、
みどり池のしらびそ小屋を経由して、16時23分無事に稲子湯に戻ってきました。

朝からよく歩いたので、稲子湯に入ったらとろけそうでした。
北八ヶ岳の魅力に、益々はまっていくことに(^^)

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

泊まってみたいな黒百合ヒュッテ!

夜明けに出勤し、日が暮れて、
カサカサと落ち葉が木枯らしに吹き飛ばされる音がして、
夕餉の支度をする匂いが、明かりの灯った家々から漂ってくる中、
足取り重く、無事一日が終わったことをかみ締めるように帰宅しています。

朝晩は勿論、寒さが日ごとに増してきました。

山は、とっくに冬景色なんでしょうが、
まだ、北八の秋を引きずっています。

にゅうから中山峠を経て、目指した先は黒百合ヒュッテ。


PA304588 (640x480)


軒下の黒百合がお洒落(^^)
ガスがかかってきて、寒くなったので、
外で温かい昼食を作っていただき、
憧れの山小屋の中でも休憩することにしました。


PA304597 (640x480)


私たちの他にも、何人かの登山者がいました。
でも、晩秋の平日でしたから、
小屋番さん達も、どこかゆったりとした雰囲気。
いいんだなぁ~ ここからの眺め!


PA304593 (640x480)


お茶にかりんとうが付いて、真ん中にストーブがある丸テーブルを囲み、
この雰囲気をしばらく楽しみます。
山行きの記念は、黒百合さんの手ぬぐいと山バッジ。
それに、KIKIさんがここにプレゼントされたスタンプが、
何よりの思い出になりました。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

ふたたびの北八ヶ岳

師走の声と共に、朝晩の冷え込みも本格的となり、
冬への心構えが不十分な今頃が一番身体に応えます。

良いお天気が続き、富士山が綺麗に見えるこの頃・・・
職場のイルミネーションが始まり、
勤務体制が、今までより早くなり、帰りもとっぷりと日が暮れるまでになりました。
ブログの更新はおろか、たちあげる気力も残らない日々(^^);
パンを作りながら富士山が見える環境にあって、
今は、仕事に専念する時期とわかっていながら小さくため息・・・ふぅ。

この忙しさが始まる前、エネルギーを蓄えるように通った北八ヶ岳。


PA304550 (640x480)

9月、赤岳登山の帰りに白駒池と高見石を訪れて以来、
すっかりはまってしまい、10月の終わりにも再び行きました。

映画『岳』の撮影に使われた稲子湯さん。
ここに車を止めて、みどり池入口からシャクナゲ尾根を登り、
白駒池分岐を通過し、目指すはニュウ(標高2352m)。


PA304557 (640x480)


10月の終わり頃ともなれば、山の紅葉はかなり下までおりていました。
落ち葉を踏みしめ、枝に残った葉がまぶしい朝の陽射しを受け、
新緑の頃とは違った山の空気に包まれると、
身体の隅々まで浄化されていくようです。

7時に稲子湯を出発して、ごつごつした岩場のにゅうに到着したのが10時30分。

PA304582 (640x480)


この日は、主人の職場の山女子さんが2名一緒でした。

彼女の視線の先には、
う~ん、この画像でわかるかなぁ・・・富士山も見えていました(^^)
反対側には、9月に歩いた白駒池や高見石も見え、眺めは最高!


PA304564 (640x480)


山頂の眺めを楽しみ、更に1時間ほど歩くと中山峠。
親切で分かりやすいこうした看板があって、
山歩きをする者にとって、本当にありがたく心強いかぎりです。
ここはご覧のように、重要な分岐点。


PA304584 (640x480)


私たちは、右の黒百合平の方へ、進みます。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。