FC2ブログ

夏の思い出 その一(山と滝) 

先ほど見たテレビの週間天気予報によると、
31日までは、ずっと晴れマークが並んでいました。
嬉しいような、嬉しくないような・・・

毎日、これでもかって位、洗濯物が完璧に乾いて、
取り込んで、たたむだけでも汗が噴き出ますが、
雨が続いて乾かない時のことを思えば、
お日様の匂いに包まれて、幸せを感じるひとときでもあります。

そろそろ夏休みも終わりに近づき、
子供達は、宿題や工作に追われる頃でしょうか。
こつこつとやっておけば、
お尻に火がつくこともないのに、
わかっていても、余裕綽々に終わったためしがない、私・・・。

八月の始めに行った尾瀬。
その寄り道編も、夏の思い出としてアップしておきます。

尾瀬に向かって行く途中、
ふと看板に目が止まりました。
【東洋のナイアガラ】
えっ!日本にもナイアガラがあったの?

まだ駐車場も売店も開いてない早朝で、
私達以外、誰もいませんでした。


吹割の滝


もう少し近づいてみます・・・


吹割の滝 2


泳げない私は、白線の内側を歩いても足が竦みます。
た、たしかに・・・ナイアガラ?!


吹割の滝 4

誰もいない吹割の滝・・・
後日(帰り)昼間に横を通過したら、
涼をもとめて沢山の人が訪れていました。
なにげに有名なところだったようです。


吹割の滝 3


尾瀬は、関越の沼田ICから入りますが、
沼田(群馬県)のもう少し先(北)へ行くと、水上温泉があり、
さらにそのちょっと先に谷川岳という山がありまして、
尾瀬まで行ったついでに、こちらにもちょっと登ってきました。


谷川岳ロープウェイ


冬はスキー場になるのでロープウェイでかなり上まで行けます。
そこから尾根づたいに歩く予定が、


谷川岳登山


上に行くほど視界が悪く小雨模様だったので、
途中の避難小屋までの折り返しになりました。


避難小屋にて


谷川岳と言えば、登山より、
どうしても見ておきたかった場所がもう一箇所・・・


一ノ倉


数々のクライマーが命を落としながらも、
やはりその難しさからか、
チャレンジャーの気持ちを駆り立てる憧れのルートなのでしょう、
谷川岳・一の倉です。


一ノ倉沢にて


生憎のお天気で上まで見えていませんが、
真夏でも雪が沢山残っています。
気のせいか、一段と空気がヒンヤリしていました。
沢の水は、とても綺麗で冷たかったです。
トマトや西瓜を冷やしておきたくなるほど(^^)
そんな脳天気な私とは違い・・・


一ノ倉沢にて 2


山男は、感慨深げに沢からの眺めに見入っていました。
スポンサーサイト



テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

Comment

ゆずのねさん、おはよう~♪(^^)

「いつか制覇してやる・・・」そんなつぶやきが聞こえるお背中ですね。(^^)

東洋のナイアガラ?・・・なんだか一緒に吸い込まれそうな滝で怖そう~。(^^;
滝の向こうに見えてるつり橋は渡ってみたいな~!(^^)

残暑厳しい今年の夏
涼感たっぷりの写真を見せていただきました
滝を下から眺めることはありますが
上から見ることはありません
吸い込まれそうになるぐらい迫力ありですね
夏山を見て 若い頃槍ヶ岳に登ったのを思い出しました
その時も残雪があり流れる水も冷たくて
自然の爽やかな空気をいっぱい吸って爽快でした。

ゆらりさんへ

ゆらりさん、おはようございます。

> 「いつか制覇してやる・・・」そんなつぶやきが聞こえるお背中ですね。(^^)

いえいえ、難易度グレード6、世界の壁は高くて険しい!
そう思ってみている背中ですよ(^^);

> 東洋のナイアガラ?・・・なんだか一緒に吸い込まれそうな滝で怖そう~。(^^;
> 滝の向こうに見えてるつり橋は渡ってみたいな~!(^^)

まだ、だ~れも居ない早朝で、
どういう所か、どんなコースで歩くのかもわからず、
あの吊り橋には、どこから行けば良いの???って思いながら、
メインの滝周辺を怖々歩いてきました。

ひこぼしさんへ

ひこぼしさん、おはようございます。

> 残暑厳しい今年の夏
> 涼感たっぷりの写真を見せていただきました
> 滝を下から眺めることはありますが
> 上から見ることはありません
> 吸い込まれそうになるぐらい迫力ありですね
> 夏山を見て 若い頃槍ヶ岳に登ったのを思い出しました
> その時も残雪があり流れる水も冷たくて
> 自然の爽やかな空気をいっぱい吸って爽快でした。

「東洋のナイアガラ・・・??」って、
ちょっと笑えましたが、
側を歩くと、足が竦みました。
自然が造り出す滝の美しさに圧倒されますね。

ひこぼしさん、槍ヶ岳に登られたことがあるんですね。
我が家は、まだ眺めるだけですが、
冬山の厳しさの名残が、
真夏になっても目の前にあって、
水の冷たさに夏の暑さも吹き飛びました。

男のロマン?!

谷川岳一ノ倉・・・。ああ!あの山か!
映画化もされた小説「クライマーズハイ」に登場していたのを思い出しました。
小説の中の遠い世界と感じていたのですが、こうして眺めると迫力を実感しますねえ。
感慨深げに沢からの眺めに見入る旦那様、カッコいいです。v-238

umeさんへ

umeさん、おはようございます。

> 谷川岳一ノ倉・・・。ああ!あの山か!
> 映画化もされた小説「クライマーズハイ」に登場していたのを思い出しました。
> 小説の中の遠い世界と感じていたのですが、こうして眺めると迫力を実感しますねえ。
> 感慨深げに沢からの眺めに見入る旦那様、カッコいいです。v-238

本も映画も、残念ながら見ていなかったので調べました。
どんなふうに描かれているのかなぁ・・・?

雪崩の巣でもある場所で危険な時季に凍った壁面を登る方々や、
遭難し亡くなり宙づり状態の方を、
下から銃でロープを狙って切断するなんて事もあったようです。
難関であればあるほど、
かきたてられるものがあるのでしょうね。
大島亮吉さんが近くて良い山と紹介され、
あまりに遭難者が多く「魔の山 死の山」と呼ばれたり、
いろんな歴史がある山のようですね。
そんなふうに思って眺めると、ちょっと背筋が・・・(^^);
非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード