FC2ブログ

レッツゴー!三ツ星の高尾山 (^^)/

高尾山って、登山者数日本一の山だったんですね。

目の前に見える富士山が、
夏山シーズンになると、
ご来光を見るために登る人のライトで、
光の筋が出来るほどでも、
登れる期間が限られているし、
高さから言っても、そう簡単に誰でも登れるわけではないですから・・・。
そういう私も、未だに登っていませんし (^^);

その人気の山に一度は登ってみたいと参加した地区の行事。

バスがケーブルカーの清滝駅ちかくのパーキングに着いたのが9時前。
全員で、入念に準備体操をしてから出発。

高尾山 参道 ケーブルカー 清滝駅


参加者に年配が多かったので、上りはケーブルカーを使いました。
距離1020メートル高低差271メートル、
最大勾配31度のところをいっきに登ります。


高尾山ケーブルカー


高尾山駅から、1号路を使って歩き始め、
動植物園の前を通過し、見えてきたのが【たこ杉】


たこ杉 ひっぱり蛸


根っこがタコの足のようでした。
隣にあったひっぱり蛸の頭を撫でご利益を期待。


浄心門


浄心門をくぐって更に進むと、
右が女坂、左が男坂。


男坂 女坂

天狗の腰掛け杉


108段の階段を登り、天狗の腰掛け杉のある道を通り過ぎれば、
最初の休憩地点に到着。


小休止 2

小休止


朝ご飯が早かったので、小腹がすいたみなさん、
それぞれに水分と糖分を補給します。
お店の看板が、とっても良く出来ていたので、
私も、「1本くださいな」と買い求めました。


力だんご


ほんのり温かく、きな粉と黒蜜がかかって1本100円。


力だんご 2


休憩の後は、仁王門から入って、
ご本堂、高尾山薬王院、奥之院と進み、その先の山頂へと向かいます。


高尾山薬王院周辺

高尾山薬王院周辺 2

もうすぐ山頂・・・


山頂といっても、
そこにはビジターセンターやお店があって、
広場は、既に座るところを探さなければならない程、
大勢の行楽客で賑わっていました。


霞んでて眺めはいまいち 2


お弁当を食べて、広場を散策しながら1時間。
晴れていれば、富士山や十三州を見渡せる山頂ですが、
この日は、天気も下り坂・・・。


下り


帰りは登ってきた道を下り、
下りはケーブルカーも使わず金比羅台を経由して、
もとの清滝駅がある広場に戻ってきました。


高尾山のお土産


参道で、お土産を買いながら、
今回は、登山というより遠足に近い感覚で、
この気軽さが、登山者数日本一なんだなぁと、
少しわかったような気がしました。

新宿駅より中央線快速で高尾駅まで58分、
京王線なら新宿から高尾山口駅まで最速で47分、
都心から1時間もかからずに行けて、
見どころ一杯のハイキングが楽しめる山で、
初心者でも安全に歩くことができるよう整備されているから、
ミシュランの観光地ガイドで三ツ星を獲得したんですね。
スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

Comment

ゆずのねさん、こんばんは~♪(^^)

帰りは下まで歩かれたのですね。
膝、ガクガクしませんでしたか?
もう10年以上前ですがケーブルを使わないで上がって帰りは相模湖駅まで
下ったことがありました。
さすがに下りの方がきつかったです。(^^;
ケーブルを使えば普段着でも行かれる山・・・人気の秘密が分かりますよね。
もう少し人が少なかったらな~・・と思います。
できればミシュランから外して欲しいです。(^^;

すっかり山ガールのゆずのねさんには少し物足りない登山だったのでは・・・?(^^)


ゆらりさんへ

ゆらりさん、おはようございます。

> 帰りは下まで歩かれたのですね。
> 膝、ガクガクしませんでしたか?

実はね、翌日ちょっと足が痛くなりました。
高尾山くらい・・・と侮っていましたが、
情けない(^^);まだまだ修行が足りませんね。

> もう10年以上前ですがケーブルを使わないで上がって帰りは相模湖駅まで
> 下ったことがありました。
> さすがに下りの方がきつかったです。(^^;
> ケーブルを使えば普段着でも行かれる山・・・人気の秘密が分かりますよね。
> もう少し人が少なかったらな~・・と思います。
> できればミシュランから外して欲しいです。(^^;

凄い!相模湖駅まで?
上りと違うルートで下りられたんですね。

それにしても、話しには聞いていましたが、
日曜日ということもあって人、ひと、ヒトで、
お昼ご飯を食べる場所を探すのにひと苦労でした。
三ツ星効果でしょうか?
ヒールを履いて登っている女性もいましたよ。

> すっかり山ガールのゆずのねさんには少し物足りない登山だったのでは・・・?(^^)

どんな低い山でも、
楽しみ方は色々ですから、
参加して良かったです。
違う季節も見てみたいですね。

如水さんへ

如水さん、おはようございます。

私の手違いで、コメントが消えてしまいました。
本当にごめんなさい。
ちらっと見えた際、山のことが書かれていたような・・・。

如水さん、お仕事が忙しそうですね。
ご夫婦での山行きも、思うように行けないのでは?

我が家は、単身赴任から戻った主人が、今度は水曜定休になったので、
平日日帰りで、ちょこちょこと出掛けられるようになりました。
よかったらまた、覗いてみて下さい。

本当だッ(笑)

おはようございます。

泣きのメッセージまでいただいて
ゆずのねさん、気になさっているようですので
仕事中に急ぎ「再」コメントしますね♪

高尾山は懐かしく拝見させていただきました。
遠足という形容が、まさしく!と微笑んで読ませていただきました。
山頂からの眺望がいま一つで残念でしたね?
私も大好きな眺めです。


週末になると天気が崩れたり
夫婦間での都合がずれたりで
山がお預けになって久しいです。

↓そんな中
目に飛び込んできた大菩薩峠によって
さらに山へと呼びかけられています。

大菩薩峠の稜線歩きの素晴らしさが
今日の私たちのルーツでした。

今では考えられない初登山の思い出がたくさんあります。
山をナメた運動靴?
山をナメた軽装?
重いコールマンの液体携帯コンロ?
反面、
山での昼食!
眺望の素晴らしさ!
体がもらう自然の素晴らしさ!

いつか
もう一度
ここには訪れるでしょう♪


せっかくですので
拡大バージョンで書き込ませていただきました。

では♪

如水さん、ありがとう!

如水さん、こんにちは。

> おはようございます。
> 泣きのメッセージまでいただいて
> ゆずのねさん、気になさっているようですので
> 仕事中に急ぎ「再」コメントしますね♪

まあ、なんてことでしょう!
ドジな私の為に、
お忙しいところ、再コメントまでいただき、
本当にありがとうございます。

> 高尾山は懐かしく拝見させていただきました。
> 遠足という形容が、まさしく!と微笑んで読ませていただきました。
> 山頂からの眺望がいま一つで残念でしたね?
> 私も大好きな眺めです。

599メートルながら、
ここからの眺めは素晴らしい・・・晴れていれば(^^);
先導者が緑の旗を持って、
その後に私たちが、ぞろぞろ繋がってあるいたので、
ほんとに遠足みたいだったんですよ。

> 週末になると天気が崩れたり
> 夫婦間での都合がずれたりで
> 山がお預けになって久しいです。

お天気と、お休みと、ご夫婦のスケジュール、
全部を合わせるのって、難しいですね。

> ↓そんな中
> 目に飛び込んできた大菩薩峠によって
> さらに山へと呼びかけられています。
>
> 大菩薩峠の稜線歩きの素晴らしさが
> 今日の私たちのルーツでした。
>
> 今では考えられない初登山の思い出がたくさんあります。
> 山をナメた運動靴?
> 山をナメた軽装?
> 重いコールマンの液体携帯コンロ?
> 反面、
> 山での昼食!
> 眺望の素晴らしさ!
> 体がもらう自然の素晴らしさ!
>
> いつか
> もう一度
> ここには訪れるでしょう♪

そうだったんですかぁ。
思い出の山だったんですね~。
もしかして、同じルートだったのでは?
山グッズも日々進歩しているので、軽くはなりましたが、
水やコンロなど最低限の装備を担いで登り、
山で飲むコーヒーやおにぎりは、やっぱり最高ですね。
自然の一部になり、不思議と癒されます。
山は逃げませんから、また訪れるチャンスがあるといいですね。
あの時は、ああだった、こうだった・・なんて話しながら(^^)

> せっかくですので
> 拡大バージョンで書き込ませていただきました。
> では♪

ほんとに嬉しい!
しかも拡大バージョン、ありがとうございます。
如水さんの山行き、近いうちに叶うといいですね。
非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード