FC2ブログ

山男と山ガール二人、レッツゴー大山!

日ごとに深まる秋・・・
富士山が、また白くなったので、
山の紅葉を楽しむなら、そろそろラストチャンス。

お隣の神奈川なんですが、
家から車で1時間位かなぁ・・・
(朝の通勤時間帯だったので、もう少しかかりましたが)
以前から、主人が「行こう!」と言っていた大山へ、
例によって、定休日(水)に登ってきました。


レッツゴー大山!


今回は、ゆず友でお馴染みの元パン工房スタッフも一緒です。
山ガール雑誌【ランドネ】を愛読する彼女は、
なんと、私が登ったことのない富士山を既に経験済みのランドネーゼ。
しかも、私よりひと回り以上若い(*^_^*)。

土日なら、駐車場に並ぶ車の列ができるところ、
平日の早朝とあって、参道の近くに止めることができ、いざ出発!

15分ほどお店の開いていない参道を歩き、
今回はケーブルカーを使わないで頑張ろう!ということになっていたので、
比較的楽な女坂の方から上を目指します。


大山・らくらく女坂

女坂を登る山女子二人・・・

追分社へ


程なく追分社につき、


女坂を登る山女子と山男


下りて来た人の「登るなら女坂だよ」っていう確信のあるお言葉に従い、
女坂七不思議を楽しみながら大山寺まで20分。


女坂を登る山女子・・・


「わぁ~ 京都に来たみたい」
山女子ふたり、ここまでは観光気分。


大山寺の紅葉


下社に向かう前に、朝から初のコーヒータイムで、
甘い物を補給しながら、暫し紅葉を楽しみました。


大山寺の紅葉 2


下社に向かって・・・


石段を登り、20分程で阿夫利神社下社に到着。


下社からの眺め


ここからの眺めだけでも素晴らしかったのですが、
更なる高みを目指して・・・、
おっと、その前に、大山と言えば名水!


大山名水


登山の安全と無事を祈り、
お水を飲んで、いざ登山道へ!


山頂に向かって・・・いきなり階段!


い、いきなり壁のような石段から始まりました。


山頂に向かって・・・いきなり階段!2


見上げても、見下ろしても、止まると足がすくみます。
写真なんて撮っている場合じゃありません(^^);


山頂に向かって・・・何丁目? 


どんどん山男(リーダー)が進んでいく後を、
山女子ふたりもついて登ります。
途中、『○丁目』と、登るごとに目印があり励まされます。


山頂に向かって・・・2 


でも、頂上は、いったい何丁目なのか誰も知りません。
確か地図では26丁目位まであったような・・・

 「隊長!何丁目まで登ったら休憩ですか?」
 「16丁目あたりかなぁ!?」

ベンチのあるところ発見!!


16丁目で休憩タイム


山男と山女子の大山登山は、続きます・・・

スポンサーサイト



テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

Comment

今日 本屋でOZマガジン 聖地巡りみたいなのをみていたら、大山載っていました。
後編も楽しみにしています

大山の紅葉はもうピークは過ぎちゃったでしょうか・・・?
行こうと思いつつ今週は行ける日がなく、来週月曜日が行けるラストチャンスかなぁ~と思ってるのですが。
あっ!もちろんケーブルカーに乗って下社までですよ(笑)

モンゴルガールさまへ

モンゴルガールさま、こんばんは~。

> 今日 本屋でOZマガジン 聖地巡りみたいなのをみていたら、大山載っていました。
> 後編も楽しみにしています


古くから大山は信仰の山で、
登山というより大山詣として知られていた場所。
山のパワーをいただきに、
次回はどこへ行きましょうか?
本日も残業につき、ヘロヘロ君なので、
後編は後ほど(^^);









RIKAさんへ

RIKAさん、こんばんは~。

> 大山の紅葉はもうピークは過ぎちゃったでしょうか・・・?
> 行こうと思いつつ今週は行ける日がなく、来週月曜日が行けるラストチャンスかなぁ~と思ってるのですが。
> あっ!もちろんケーブルカーに乗って下社までですよ(笑)

そろそろピークを過ぎ始めたかなぁ・・・位でした。
でも、月曜なら、平日だから、
落ち着いてゆっくり楽しめるし、
お天気も良さそうだから、
下社からの眺めも良いでしょうね。

あらっ、RIKAさん、女坂をゆっくり登るのもオススメですよ。

こんばんわ~

お久しぶりです。

山登りなんぞ全く縁がない俺ですが、大山は12~3年前に1回登りました。
この時は息子が小学1年生だったかな、少し問題児だったもので根性を叩きなおしてやろうと思って(^_^;)、息子と二人で登ったんですよ。
それが普段運動していないものだから俺がきつくてね、俺の方が根性叩きなおされました。(´▽`*)アハハ
この時のルートはヤビツ峠からだったと思いますが、夏だったので暑くて本当にきつかったなぁ。
ゆずのねさんのような山ガールにとっては、何てこと無い山なんでしょうけどね。

でも山頂に着いた時の達成感や眺めの素晴らしさは、息子にも味あわせることが出来たので良かったと思います。

レポの続き、楽しみにしてます。

ゆずのねさん こんばんは~
紅葉は素晴らしくきれいですね
空気も澄んで気持ちよさそう
でも石段の多いコース
見ただけで息切れし足がもつれそう・・・・
○丁目表示は面白そう 目印になっていいですね。

こんにちは!

大山の素晴らしい紅葉!
有難うございますv-398

しかし、この景色を見るためには
頑張って山を登らなければ……
如何でした「らくらく女坂」?
らく? でした?

らくな登山はないか…

せいじさんへ

せいじさん、こんばんは。

> お久しぶりです。

こちらこそ。
お元気でしたか?
ご無沙汰してばかりで申し訳ありません。

> 山登りなんぞ全く縁がない俺ですが、大山は12~3年前に1回登りました。
> この時は息子が小学1年生だったかな、少し問題児だったもので根性を叩きなおしてやろうと思って(^_^;)、息子と二人で登ったんですよ。
> それが普段運動していないものだから俺がきつくてね、俺の方が根性叩きなおされました。(´▽`*)アハハ
> この時のルートはヤビツ峠からだったと思いますが、夏だったので暑くて本当にきつかったなぁ。
> ゆずのねさんのような山ガールにとっては、何てこと無い山なんでしょうけどね。
>
> でも山頂に着いた時の達成感や眺めの素晴らしさは、息子にも味あわせることが出来たので良かったと思います。
>
> レポの続き、楽しみにしてます。

父と息子の二人登山・・・、
ここ大山にそんな思い出があったんですね。
その時、どんな会話があったのかなぁ?
いえ、会話よりも、一緒に登り、
頂上に辿り着いた達成感や爽快感が、何よりの共有体験でしたね。
うちもヤツビの方から登ろうとも考えましたが、
主人が、初めての大山だから、まずは正面からと申しまして(^^);

今も、きっと息子さんの思い出の1ページに残っているでしょうね。
後編も、近いうちにアップしますので、
よろしかったらどうぞ。

ひこぼしさんへ

ひこぼしさん、こんばんは~。

> ゆずのねさん こんばんは~
> 紅葉は素晴らしくきれいですね
> 空気も澄んで気持ちよさそう
> でも石段の多いコース
> 見ただけで息切れし足がもつれそう・・・・
> ○丁目表示は面白そう 目印になっていいですね。


大山詣として、古くから信仰を集めていたところですから、
下社までは、ケーブルカーもあり、
気軽に行けるところ・・・
あえて下から登った私たち(^^);
私も、ひこぼしさんと同じく、目眩がした階段と坂でした。
何丁目まで続くのか判りづらいけど、
間違っても地獄の3丁目にならないよう、しっかり歩きました。

みちさんへ

みちさん、こんばんは~。

> 大山の素晴らしい紅葉!
> 有難うございますv-398
>
> しかし、この景色を見るためには
> 頑張って山を登らなければ……
> 如何でした「らくらく女坂」?
> らく? でした?
>
> らくな登山はないか…

実は、帰り(下り)で、
主人だけ、おとこの意地(?)なのか、
男坂を使って下りました。
とんでもない急な石段が延々と続いたそうです。
やっぱり、女坂で正解でしたね。
でも、山頂からの下りもハードだったので、
膝が笑い、帰りは下りにもかかわらず、
泣く泣く下りてきました(^^);
非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード