FC2ブログ

祝・富士山に初登頂

富士山麓に住み始めて10数年。
天候にもよるけど、日々仰ぎ見ているウチの(表の)山です。
(ちなみに 裏山は箱根の外輪山^^)

梅雨明けの富士山


いつか・・・と思いながら、なかなか登らなかった富士山。
世界文化遺産に登録されたからというわけではなく、
ちょんと背中を押してくれた人のお陰で、
漸くその気になった私です。

当初は、7月24日を予定していたけれど、
諸事情で、思いがけず2週間早い10日となり、
梅雨明けも早まって天気が安定していたことで、
とにかく行けるところまで登ってみよう・・・ということに。
名づけて、第一次アタック隊!
更に、「やめよう・・・」と言われている、弾丸登山(^^);

7月9日、いつものように仕事をし、
少し早めの夕食をとってから、いざ富士宮登山口5合目へ。

下界はガスっていましたが、
富士宮口5合目の駐車場に着いて見上げれば満天の星空 ☆
5合目の標高は2390m。
降り注ぐような星々に歓迎されて、
登れるかなぁという不安がパワーに変わっていく気がしました。

4つある登山道のなかで、もっとも標高が高い地点からのスタート。
標高差1386mで、傾斜が急なこの登山道。
山男は既にこのルートで何度も登った経験があり余裕。
一方、初の富士山、3000m級も初めての私・・・。

トイレを済ませ、高まる気持ちを静めながら、
準備運動をしつつ高度順応に時間をとり、
山頂に向けて5合目を出発したのが21時30分。


言い忘れ(書き忘れ)ましたが、
ヘッドランプをつけての夜間登山も初めてでした。
足元を気にして下ばかり見ていると疲れるそうなので、
折角の夜間登山だから、星空を楽しみながらゆっくりと一歩ずつ。

8合目までは、標準ペースでなんとか。
「良いペースで登ってるぞ」と言われ、
これなら、山頂での御来光に間に合いそう・・・

・・・と思ったのは甘かった(^^);

3000mを越え、9合目あたりから空気の薄さを実感。
頭痛や吐き気は無かったものの、
息をしても身体に酸素が行き渡らない感じ、
あぁ これが高山病かぁ。

P7104223-2.jpg


立ち止まって深呼吸をし、5、6歩進んでは深呼吸。
がぜんペースが落ちてしまう。
東の空が少しずつ明るくなってヘッドランプの灯りが無くても、
9合5勺の先に鳥居が見えてきた。


P7104225-2.jpg


振り返ると、暗くて見えなかった雪渓や、
今まで足元だけ見て登ってきた道が、はるか後方に続いている。


P7104226-2.jpg


最後の踏ん張りどころ!!
一歩、一歩、一歩・・・そうつぶやきながら。

その先に待っていたのは、


P7104228-2.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

Comment

富士山初登頂おめでとうございます。
ご来光最高でしたね。

昔、40年ほど前に登りましたが、もう少しというところで曇っていてご来光がないだろうと思ったら気持ちが切れてしまって9合目もかなりすぎてたのにダウンしてしまいました。若かったからまた来られるという気持ちでしたが、それ以来行く機会は全くなく今に至りました。

もう無理かと思います。

翌日から見える富士山はまた格別でしょうね。

念願だった富士山初登頂、おめでとうございます!
しかも御師よりも超人な山男の護衛付きとあれば、心強かったでしょう。
そのうえ初登山でご来光まで拝めたとは、ラッキーでしたね。
きっと、いつも頑張っているゆずのねさんへ、神さまがご褒美をくれたのでしょう。
夏休み前ということもあって、登山道はすいていたようですが、これからは大混雑ですね。
その登山道、こうして見ると、斜面もかなり傾斜がきつそうだなあ。
いま宝永4年(1707)の大噴火の記録を読んでいるので、一度ぐらいは登ってみたいのですが、軟弱まこべえには、3000m越えは厳しいので、冨士塚登山で登ったつもりにしておきます ^^;

まあこさんへ


まあこさん、おはようございます。

お陰さまで、やっと富士山に登ることができました。

5合目からのスタートでも、山頂は遠く感じられますよね。
まだ8合目? 5勺なんていらん!って感じで、
登りたい気持ちを頂上まで持ち続けるのは、結構大変なことです。
まして、天候に恵まれなかったら、気持ちが萎えるのも当然。
お陰さまで、私たちは天気には恵まれたので、
あとは気力のみでした。
あたりまえですが、ここより高い山は無いんだなぁ・・・と思うと、
満足感は充分あります・・・が、
また登りたいか?って聞かれると・・・(^^);

でも、おっしゃるように、翌日から富士山を見る目がかわりました。

まこべえさんへ

まこべえさん、おはようございます。

お久しぶりです。
まずは、暑中お見舞い申しあげます。
厳しい暑さの中、相変わらずパワフルな情熱でお仕事頑張っていらっしゃることでしょうね。

お陰さまで、念願だった目の前の富士山に初登頂することができました。
学生を連れて、何度も登った山男にとっては、
私に合わせたペースなど、夕飯&朝飯前といった感じで、
9合5勺で、気持ちが折れそうになった私を、涼しい顔でみていました。
いつも思うのですが、積んでいるエンジンが違うわけで、
それでも同じ行程を歩くのですから、この差は如何ともしがたい(^^);
私たちは、マイカー規制に入る前で、5合目まで車で行けましたが、
駐車場はすぐにうまって、路駐もいました。
富士宮口は、吉田口ほどの混雑はなかったけど、
これから夏休みになれば、本格的に増えるのでしょうね。

下りで、宝永火口を回ってみました。
普段下から見るのとは全然違って、迫力がありました。
富士塚登山(^^)? 何往復も出来そうですね。
富士宮口から宝永山までなら、比較的楽に行けますから、
お天気の良い日に、壮大な火口の雰囲気を味わいに登ってみて下さい。

ゆずのねさんへ

はじめまして♪
初登頂で富士山なんて凄いじゃないですか~
富士山は、誰もが憧れ、誰もが崇拝するところですねー。

世界遺産で、一段と脚光浴びていますから、凄く賑やかな登山でしたでしょうねー。
一度は富士山頂からの世界を見てみたいとは思っているのですが~

いつか、きっとと思っている叔母様より

ぴんくモッチー さんへ

ぴんくモッチー さん、おはようございます。

はじめまして、コメントいただきありがとうございます。
富士山麓に住み始めて10年以上がたちました。
見る山と思っていましたが、
世界遺産に登録され、やはり一度は登ってみなければと、
背中を押されたこともあって挑戦しました。

富士山って、いろんな山からもその姿を見ることができますから、
「あの頂まで登ったんだなぁ・・」と、
今までと見る目が変わったのも確かです。

いつか・・・ではなく、今でしょ(^^)!
そんな勢いでした。

ぴんくモッチー さんも是非!
非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード