FC2ブログ

つかの間の富士山頂と下山

念願の富士山に、やっと登って、
なんとか山頂にたどり着くことができ、
「おぉ ついに最高峰までやってきた」と思ったら・・・、


P7104230-2.jpg


3776mは、朝陽をあびて神々しく鎮座している、
あの剣が峰という現実に、少々達成感が薄れたものの、
何はともあれ、ここまでの頑張りをねぎらって、
風を避けられる場所に座って、暖かい飲み物で疲れを癒すことに。

ご存知のように、富士山では沸点が低いので、
バーナーでお湯を沸かしても、ちょっとぬるめ。
でも、山頂は快晴で朝陽を浴びても、まだ寒く、
温かい食べ物・飲み物は本当に嬉しい。

山頂の売店は、時間が早かったせいか未だ開いてなく、
山頂から絵葉書を出そうと準備していったのに、
臨時郵便局も7月10日の時点では未だのようでした。

登る前は、お鉢めぐりをしようかと言いながら、
山男は、どんどん下山道にむけて進んでいき、
なんだか山頂での感動は、あっという間に終わってしまいました。


P7104231-2.jpg


でも、この景色・・・

左中ほどに写っているのは、うちの裏山の箱根です。
外輪山に囲まれ、芦ノ湖の湖面も光って見えました。
駿河湾から雲が湧き上がり、我が家はあの雲の下あたりかなぁ(^^)
富士登山の前に足慣らしで登った金時山も、
くっきり、ちょこんと(^^)
それなりに、ひーふーしながら登った山なのに、
あんなに低いところに見えているのが可笑しいくて(^^)


P7104233-2.jpg


左に目を転じたら、山中湖やその先神奈川に続く山々も見える。
お鉢を左に周って歩けば、山梨側の山々も見えたであろうに・・・残念。
360度の景色を見たかったなぁ。
次の楽しみに・・・って、そんなにすぐ登れる山ではない(^^);

下りは、御殿場口方面に向け、
七号目の日の出館で小休止した後、
6合目から宝永山馬の背方面に折れ、
いつも山麓から見えている宝永山に立ち寄ってから、
第一火口に向かって下りていくコース。


P7104235-2.jpg


空は真っ青で、スコリアの赤さが鮮明でまぶしい。
ほとんど草木がない登山道をひたすら歩き、       
前の晩登り始めた富士宮口の6合目に合流し、
車を止めた5合目には、お昼前の11時に無事着きました。

2013年 夏 富士山初登頂!
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

Comment

非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード