FC2ブログ

稜線歩き

台風が各地に爪あとを残しながら駆け抜けていきました。
みなさんがお住まいの辺りは大事ないでしょうか?

台風がもたらした蒸し暑い空気は一変し、
からっと爽やかな秋の空になり、
富士山と箒で掃いたような涼しげな雲にみとれました。
季節は少しずつ、夏から秋へ。

私の暑かった夏の思い出話は、もう少し続きます(^^);


P8144317 (640x480)


燕山荘前でご来光と朝ごはんをたっぷり楽しんで、
テントを撤収したら、いよいよお楽しみの稜線歩きです。
朝陽に染まる槍や連なる山々を見ながら歩くこのコースは、
表銀座とよばれ、危険なところはほとんど無く、
初心者でも、この景色を満喫しながらの山歩きが楽しめるところ。
テレビや雑誌で見て、いつかは・・・と夢見ていたコースです。

6時半、燕山荘前をスタート。

P8144336 (640x480)


朝の立体感ある景色が、
日が昇るにつれ、青々とした夏山の清涼感溢れる景色へと変わる。
同じ景色なのに、受ける印象がこんなにも違うんですね。


P8144334 (640x480)


中房温泉側に車を止めた関係で、
今回は、この稜線を常念の方へと縦走することができません。
でも、できる限りこの景色の中を歩いてみたかったので、
大天井岳(上の画像、正面の山)まで行けたら・・・と、


P8144335 (640x480)


途中、大きくV字に割れたような巨岩の間を通過したり、


P8144340 (640x480)


稜線を、ハイマツの間や岩場を縫うように、
西斜面、東斜面の違った植生を見つつ進みます。
大天井は近くに見えているようで、これが結構遠いんです。
蛙岩(6時50分)、大下りの頭(7時半)と、
小休止を入れながら、良いペースで歩き、
大下りを下って8時半の時点で、
この先のクサリ切通岩を通過して大天井までが1時間、
そこでUターンして燕山荘まで戻るとお昼をまわってしまい、
更に合戦尾根を3時間かけて中房温泉まで戻るのは無理と判断。


P8144339 (640x480)


湯を沸かし、絶景を見ながらの珈琲タイム。
9時に反転して、もと来た道をもどりました。
東斜面のお花畑が、「また、おいで!」と微笑みかけてくれているようです。


P8144344 (640x480)


歩いてきた稜線を燕岳に向かって戻ります。

みなさん、結構なバックパックを背負って大天井方面へと向かわれていました。
大天井岳から西岳を通って槍ヶ岳方面かなぁ?
それとも、常念岳、蝶ヶ岳にむかわれるのかなぁ?

いいなぁ~。 いつか、私達も、また訪れてみよう!


P8144349 (640x480)


さあ、燕山荘まで戻ってきましたよ。
スポンサーサイト



Comment

稜線を歩くのは山のだいごみですね。
もうそんな日は来ないかなあと思いながら、昨日、車山に登りそこからくだって、霧ケ峰からいつも下に見ている湿原の周りを歩いてきました。
ここなら来年孫を連れてこられるかなあと思いながら。

燕岳の登山記は昔を思い出しながら楽しませていただいています。何回も。
車を松本において行かれれば、3日間あれば槍ヶ岳までいって上高地に下りて帰れます。
でも、駐車場が難しいですね。またいい情報があればお知らせします。

まあこさんへ


まあこさん、こんばんは。

日帰り登山が多い我が家も、
稜線歩きは、長年の夢でした。
登った先に、こんな素敵な尾根が繋がっていて、
山々を尾根づたいに歩く気持ち良さ(^^)v
尾瀬の湿原や大菩薩の稜線、
あっ、車山は一昨年の秋に歩きましたが、
草原や湿原、気持ちよかったです。
お孫さんと一緒に歩く・・・それもまた楽しみですね。

今回の燕から常念のコースは、やはり2泊3日位で、
ゆっくり歩きたいですね。
穂高に車を止めて登るのがベストで、
そうして登っていた老夫婦(たぶん60代か70代)がいらっしゃいました。
とても仲睦ましく、かくありたいと思いました(^^)
非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ゆずのね

Author:ゆずのね
はじめまして!
パン屋さんで働きながら、
日々の暮らしを大切にし、
ささやかな幸せに感謝しつつ
穏やかに暮らしたいと願っています。

旅が好き・・・
写真が好き・・・
『ゆず』が好き・・・
最近、ちょっと山歩きも(^^)v

沢山のブログがあるなか、
訪問いただき、
ありがとうございます。

リンクはご自由にどうぞ♪

フリーエリア
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード